2015年05月26日

巾着田にて

近場の巾着田へ現実逃避・・・なんてね(笑)
IMGP0995-s.jpg

ファインメッシュ長者なんで無芸な焚き火スタンドを撮影しようと思ったのです。


もう平地のキャンプはオフシーズンだな・・日なたは暑いわ。
IMGP1054-s.jpg

次は晩秋かな。
IMGP1028-s.jpg
posted by tetk at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月26日

第5回 東日本応援キャンプ

4月18〜19日にかけて開催された第5回 東日本応援キャンプの模様をビデオにまとめました。

こんな笑顔が大きな支援につながるなんて素敵ですね。

動画に使用した写真データをご希望の方は、コメント欄に「何分何秒の写真希望」と書いてください。送信先のメールアドレスも忘れずに(公開されない設定ですからご心配なく)。
posted by tetk at 07:56| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月15日

ラグジュアリーなセット

こんなULじゃないセットもノンビリ・キャンプにはイイかもしれない。

ストーブ本体はUCC BLACK無糖缶、シマーリングはRedBull缶から

火力より燃焼時間に振ったセッティングになってます。
posted by tetk at 11:03| Comment(6) | TrackBack(0) |  アルコール沼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月10日

中島銅工所 コテライザー70

キャンプ用品じゃないけど古い道具を紹介。ガス式の半田ゴテです。


30年以上昔だと思う。高校生か大学生時代に買ったはず。当時アマチュア無線に没頭していて、アンテナ工事で屋根やタワーの上で使える半田ゴテが必要だったんですよねー。こいつを含めて3-4本のコテを所有(笑)
驚くことに今でも同じ型番で同じ製品が販売されている(パッケージは変わってるけど)。もちろん修理も問題なし。ちなみに中島銅工鰍ノ改名されています。もっと言うと、たまに行くWILD-1への経路上に本社があります。

電気工作をやらなくなって出番が無くなっていたけど、最近はアルコールストーブ工作で焼鈍し作業に活躍中。この作業にポケトーチを使うとすぐダメになってしまうんですよ。数千円クラスのトーチ専用機でさえ連続使用時間が短い。しかしコイツはOK、頼もしいツールです。
タグ:自作
posted by tetk at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 道具系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月03日

25g の中華ストーブ

海外のサイトで見かけて「ホントに25gかいな?」と怖いもの見たさで入手してみた。香港からの送料込みでUS$14.90。



英語表記 Jaton outdoor products、漢字で「兄弟捷登」という会社の製品で、ロゴのBRSは"brothers"から取ったらしい。製品はどれもどこかで見たことある物が並んでいる。ここが製造元なのかそれとも供給を受けているのか、あるいは中国得意の・・・(笑)。

製品名"Hornet"、製品型番"BRS-3000T"というこのストーブ、実測でホントに 25g だった。軽量化目的でアルコールストーブを持つ理由が吹き飛んでしまいそうだ。ちなみに総チタンではない。
薄さのせいで五徳が曲がりやすい、見た目で期待する人がいるかもしれないけど決してトルネード燃焼ではない、ガス検非認定、イグナイタ無し、設計から製造まで中国だとしたらどこまで信用して良いのやら・・・などなどの懸念事項もありますね。

個人的な総評としたら「使えないことはないネ」というレベルかなあ。
posted by tetk at 07:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 道具系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月25日

古い形のCHS その2

今度は内炎トルネード・バージョン。2年前に3重壁構造で作った時よりジェットも力強くなった。


もっといい缶の組み合わせがあれば良いんだけどな。
posted by tetk at 07:30| Comment(0) | TrackBack(0) |  アルコール沼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月16日

古い形のCHS

古くてメジャーなアルコールストーブの形・・・なんとなく心落ち着くものがあります。


外壁にヒダ加工した内壁が接する構造なんで、ビデオの作り方じゃないと壁が3重になってしまう。簡単に作れる2重構造にとどめるために耐熱アルミテープで上下ピースを固定しました。

とりあえず作ってみた一発目なんで、最適化とか手が回っていません。炎の色が気になりますよねー。高さを2倍にしたら少しは改善されるかなあ?
posted by tetk at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) |  アルコール沼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月01日

2014年12月26日

エスビット用の火力調整機能付き五徳 その1

固形燃料って、大昔に液燃ストーブのプレヒートにメタを使った程度だった。工作ネタを思案していた時に、そう言やESBITって使ったこと無いと思って、どうせ作るなら火力調整まで実現できればとトライしたもの。火力調整が可能なチムニー型アルコールストーブと考え方は同じ。旅館でお馴染みの固燃でも使えると思います。


上げ二重底にすればWW五徳の固定痕も隠せるし、地面のバクテリアへの影響も軽減できるかと思ったけど、後者の効能はほとんど無いでしょう。

それにしても煤が酷いですね。使用後にクッカーを収納するのが嫌だから実戦でESBITを使うことは無いな。
posted by tetk at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) |  アルコール沼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CHS用のシマーリング Ver.2

使い勝手を向上させた新バージョン・・・と言っても現場で弱火が必要なシチュエーションに出会うことってほぼ無い(笑)

必要性を感じる方はトライしてみてね。
posted by tetk at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) |  アルコール沼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Google+