2016年01月11日

コイルジェット版アルコールランタン

昨年12月に動画をアップしておいて、こっちに載せるのをすっかり忘れていた。
coil_based_lantern_001.jpg

前作は、単室加圧型アルコールストーブの動作原理と基本的に同じ。そのため過加熱で暴走気味に強くなりすぎて(明るくなりすぎて)、トップのアルミ製ベンチレータを溶かしてしまう恐れがあった。それにタンク全体を予熱して燃料を沸騰状態にしなきゃならない。

今回のはコイルジェット型アルコールストーブと同じ動作をさせている。暴走の危険性が減り、かつ、予熱もライターだけで済むようになった。
coil_based_lantern_002.jpg
ただし設定が弱すぎたかも。

チュートリアル・ビデオを制作しようと思ってたけどなんか面倒で放置中。とりあえずパーツ群と全体構成イメージだけね。
coil_based_lantern_003.jpg
coil_based_lantern_004.jpg

350mlの太缶に合わせられそうなオイルランタン用グローブを探してきて、それと換装できるようにしてみた。
coil_based_lantern_005.jpg

点灯の様子はyoutubeでご覧くださいませ。
posted by tetk at 09:21| Comment(0) | TrackBack(0) |  アルコール沼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月04日

マントルを利用する52gの加圧式アルコール・ランタン

ありそうでなかなか無いアルコール・ランタン。オイルランタンみたいに芯を使ってチョロチョロ燃やすのじゃなくてマントルで発光させる奴。
pressurized_lantern_S01.jpg

350ml缶から作ってあります。細缶だとグローブ取り外しの際にマントルを壊しやすいこと、タンク容量を確保できないこと、背高でバランスが悪くなること・・・などから太缶に落ち着きました。

細缶のオイルキャンドルとの比較。
pressurized_lantern_S03.jpg

マントル発光させるには炎を当てるだけじゃ不十分で、空気と混ぜる必要がある。そこでジェット噴出速度を上げて、燃える前に混合させる・・・これはガスストーブも同じだと思います。JBウェルドのような接着剤を使わないシンプルな仕組みを目指し、ペニーストーブや単室加圧型に近い構造と動作になりました。

かなり明るくなりましたよ!
pressurized_lantern_S02.jpg

単室加圧とほぼ同じなんで、ランタン本体の温度によって噴出量が変わってきます。気温や風、置いてある台の材質(金属だと放熱効果があってランタンが冷やされる)、あるいは燃料残量とかに影響されて動作が変わる。グローブも熱帰還増進の役目を担っているんです。まあ、とっても微妙なバランスの上で動作させているってとこですね。だから季節や環境が変われば調整が必要という、実用には至らないシロモノ(笑)。



単室加圧型ベースでなく、燃料が冷たくてもジェット噴出をするコイルジェット系が本命だと思いますよ。でも接着剤が必要だし、背がさらに高くなってしまうんだよなー。ついでにその作例もすでにあるし・・・。
posted by tetk at 14:43| Comment(4) | TrackBack(0) |  アルコール沼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月03日

ミニオイルランタン

細缶から作った小さなオイルランタン。インスタグラムを見ていただいている方は、加圧型アルコールランタンに挑戦していることをご存知だと思いますが、それとの明るさ比較用に作ってみたものです。
mini_oil_lantern.jpg

ただのオイルランタンなんで特筆すべき点は無し。ごくごくフツー。長過ぎてやってないけど、最大2-3時間は点いていそう。

ガラスのグローブも考えたんだけど、トップヘビーで不安定、通気確保しなきゃならなくて背も高くなる、吊り下げ対応が難しい・・・などから断念。結局メッシュで作成しました。光の透過性は問題ないけど、風も通してしまう(笑)

ウィックにカーボンフェルトを使いましたが、給油の度に付け外ししなきゃならない構造にしてしまったんで、数回でCFが千切れそうになります。普通のコットン・ウィックを使った方が良いと思います。



動画にもありますが、オイルランタン部分の代わりに細缶ストーブを逆さにつけて、タブキャンドルとしても使用可能。この場合、ランタンとストーブの 2 in 1 で 20g 台のセットが実現できますヨ。
posted by tetk at 10:53| Comment(2) | TrackBack(0) |  アルコール沼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月26日

巾着田にて

近場の巾着田へ現実逃避・・・なんてね(笑)
IMGP0995-s.jpg

ファインメッシュ長者なんで無芸な焚き火スタンドを撮影しようと思ったのです。


もう平地のキャンプはオフシーズンだな・・日なたは暑いわ。
IMGP1054-s.jpg

次は晩秋かな。
IMGP1028-s.jpg
posted by tetk at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月26日

第5回 東日本応援キャンプ

4月18〜19日にかけて開催された第5回 東日本応援キャンプの模様をビデオにまとめました。

こんな笑顔が大きな支援につながるなんて素敵ですね。

動画に使用した写真データをご希望の方は、コメント欄に「何分何秒の写真希望」と書いてください。送信先のメールアドレスも忘れずに(公開されない設定ですからご心配なく)。
posted by tetk at 07:56| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月15日

ラグジュアリーなセット

こんなULじゃないセットもノンビリ・キャンプにはイイかもしれない。

ストーブ本体はUCC BLACK無糖缶、シマーリングはRedBull缶から

火力より燃焼時間に振ったセッティングになってます。
posted by tetk at 11:03| Comment(6) | TrackBack(0) |  アルコール沼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月10日

中島銅工所 コテライザー70

キャンプ用品じゃないけど古い道具を紹介。ガス式の半田ゴテです。


30年以上昔だと思う。高校生か大学生時代に買ったはず。当時アマチュア無線に没頭していて、アンテナ工事で屋根やタワーの上で使える半田ゴテが必要だったんですよねー。こいつを含めて3-4本のコテを所有(笑)
驚くことに今でも同じ型番で同じ製品が販売されている(パッケージは変わってるけど)。もちろん修理も問題なし。ちなみに中島銅工鰍ノ改名されています。もっと言うと、たまに行くWILD-1への経路上に本社があります。

電気工作をやらなくなって出番が無くなっていたけど、最近はアルコールストーブ工作で焼鈍し作業に活躍中。この作業にポケトーチを使うとすぐダメになってしまうんですよ。数千円クラスのトーチ専用機でさえ連続使用時間が短い。しかしコイツはOK、頼もしいツールです。
ラベル:自作
posted by tetk at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 道具系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月03日

25g の中華ストーブ

海外のサイトで見かけて「ホントに25gかいな?」と怖いもの見たさで入手してみた。香港からの送料込みでUS$14.90。



英語表記 Jaton outdoor products、漢字で「兄弟捷登」という会社の製品で、ロゴのBRSは"brothers"から取ったらしい。製品はどれもどこかで見たことある物が並んでいる。ここが製造元なのかそれとも供給を受けているのか、あるいは中国得意の・・・(笑)。

製品名"Hornet"、製品型番"BRS-3000T"というこのストーブ、実測でホントに 25g だった。軽量化目的でアルコールストーブを持つ理由が吹き飛んでしまいそうだ。ちなみに総チタンではない。
薄さのせいで五徳が曲がりやすい、見た目で期待する人がいるかもしれないけど決してトルネード燃焼ではない、ガス検非認定、イグナイタ無し、設計から製造まで中国だとしたらどこまで信用して良いのやら・・・などなどの懸念事項もありますね。

個人的な総評としたら「使えないことはないネ」というレベルかなあ。
ラベル:ストーブ 火器
posted by tetk at 07:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 道具系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月25日

古い形のCHS その2

今度は内炎トルネード・バージョン。2年前に3重壁構造で作った時よりジェットも力強くなった。


もっといい缶の組み合わせがあれば良いんだけどな。
posted by tetk at 07:30| Comment(0) | TrackBack(0) |  アルコール沼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月16日

古い形のCHS

古くてメジャーなアルコールストーブの形・・・なんとなく心落ち着くものがあります。


外壁にヒダ加工した内壁が接する構造なんで、ビデオの作り方じゃないと壁が3重になってしまう。簡単に作れる2重構造にとどめるために耐熱アルミテープで上下ピースを固定しました。

とりあえず作ってみた一発目なんで、最適化とか手が回っていません。炎の色が気になりますよねー。高さを2倍にしたら少しは改善されるかなあ?
posted by tetk at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) |  アルコール沼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Google+