2008年05月20日

試行錯誤中

相変わらずフライフィッシング・ネタの、さらに下手の横好き系話題で恐縮です。とにかく頭の中が『???』だらけなんですよ。


今月に入ってから毎夜2-3個づつ巻いてます。
flybox.jpg
初めの内どのサイズを何個巻いたかちゃんと意識してなくて、14番ばかり増殖してしまいました。見よう見まねでアダムス(のつもり)のスタンダードとパラシュートも巻きました。先日の優しい魚たちはみんなコレで釣れてくれたんですよね。


で、もう少しバリエーションを増やしたいと思って、アダムスパラシュートのクイルボディに挑戦。
adamsparapeacock.jpg
廉価版タイイングセットに同梱されていたピーコックを使ったら、教科書の写真みたいな縞々が全然出ません。本来のマテリアルじゃなかったのかな? ちゃんとストリップドピーコックを買えば何とかなるんでしょうか? それとそもそもアダムスパラをクイルボディにする意味ってあるんですかね?


こっちはCDCユスリカアダルトのつもり。
cdcmidgeadult.jpg
18番が持ってた一番小さなフックだったのでそれに巻いてます。もっと小さなフックや黒いダビング材などなども入手しないと先へ進めませんね。それにしても本ごとWEBサイトごとに違うし、バリエーションが多くて奥が深すぎます。難しい・・・。
posted by tetk at 21:27| Comment(8) | TrackBack(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月17日

初山女です

今週も懲りずに大芦川。前回は東沢で玉砕だったので西沢へ。

二股に分かれた川筋が合流するところで釣れてしまった初ヤマメ。
oashi01.jpg
なんで「釣れてしまった」かと言うとパラシュートが沈んでピックアップしようとしたら魚が付いていたから。「あっ、釣れちゃった」という感覚でした。

餌釣りの方が先行してることもあって休み休み釣り上がっていたら、今度はちゃんと浮いたフライにアタック。これは魚が下から出てきてくわえる瞬間が見えてビックリドキドキ。
oashi02.jpg
こっちの方が少し小さかったけど喜びは大きかったですね。

2尾とも1週間前の放流魚の残りなんでしょうね。3匹目を求めて粘りましたがそんなに甘くありませんでした。

oashi03.jpg
posted by tetk at 00:00| Comment(8) | TrackBack(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月11日

川との出会い

フライロッド片手に渓流へ行き出してからまだ3〜4箇所しか歩いていませんが、自分の好きな渓流を探す旅なんですねえ。お気に入りのキャンプ場や山を求めてあちこち出掛けていた時代を思い出しました。

気に入る条件で一番大きなことは『釣れなくても満たされる場所』。でもこれが難しいですよね。

●フライを投げやすいこと
バックキャストしやすくて枝を釣りにくい川幅があるとうれしい。
ライントラブルばっかりだと自分の下手さ加減に嫌気が差して楽し
くなくなってしまうから、飯田の黒川はこの点だけが×ですねえ。

●人工物が目に入りにくいこと
堰堤もそうだけど、護岸された所が多いと『自然の中』という感覚
がスポイルされちゃう。そうかと言って延々と見えないのも不安を
感じてしまうので、時々ガードレールが上の方に見えたりするのが
いいなあ。

●ゴミが無いこと
入渓者数に比例してゴミが増えるイメージがあります。明らかに釣
り人が捨てたゴミだったり、ペットボトルが捨ててあったり・・・。
栃木の大芦川は渓相的には素晴らしいと思いますが、ゴミの多さで
ガッカリしました。

●入漁料が安い
ここが複雑な気持ちが出てしまうところなんだけど、高くても釣れ
ればまあいいかと思うし、環境が素晴らしかったら釣れなくても納
得できるし・・・。安い方が納得できる確率が上がるかな。

釣れても釣れなくても充足した気分になれる川に出会えたら、年券を購入してもいいかな。今年はそんな川を求めて脚を伸ばしたいですね。
posted by tetk at 10:53| Comment(8) | TrackBack(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月04日

釣られてくれました

長野県の飯田市へ帰省して、妻子をほったらかして近所の渓流へ。
場所はその昔「強歩大会」という名のマラソン大会で走らされた林道鳩打線沿いに流れる黒川。標高が1,000mくらいの山岳渓流なんで、フライよりテンカラ/餌釣に向く川です。前日に釣具屋で聞いたら今年はあまり芳しくなく、フライで釣れた話は聞いていないそう。お勧めポイントも訊いたらなんと松川(飯田松川)の下流域らしく(高校への通学で通っていたところだ!)、さすがにその近くで育った身としてはそこで釣れても嬉しくない感じがする・・・で、結局初志貫徹で黒川へ。

7時頃入渓して、魚が居そうなポイントじゃなくロッドの振れそうな場所を探す(笑)。渓流竿なら攻められそうなポイントばっかしで、ヘタッピフライフィッシャーには難しいのです。するとなんとなくいい感じの場所に遭遇。
iidakurokawa02.jpg
さっそく試してみるけど反応無し。何度かバックキャストで枝に引っ掛けたところで川に日が差して暖かくなってきたんで珈琲タイム。
iidakurokawa01.jpg

しばらくノンビリ過ごした後で同じ場所をもう一度。何度目かのキャストで反応が! すかさずロッドを煽る。やった!ヒットした。フッキングの瞬間はすっごくドキドキしたけど手応えの小ささにちょっとガッカリしつつも、バレるなよバレるなよと祈りながらランディング成功。

こんにちは、君が始めての渓魚だよ。
iidakurokawa03.jpg

全身写真も撮らせてね。
iidakurokawa04.jpg

結局この日はコレ1尾のみ。人里離れた山の中が気持ち良かったです。

追伸
午後は阿智川の村役場周辺へ移動したけど何も無しでした。後で調べたらもっと上流域へ行かなきゃダメだったみたい。
posted by tetk at 00:00| Comment(8) | TrackBack(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月26日

虫眼鏡導入

見える見える(笑)
loope1.jpg

スレッドが隙間無く巻けているかとか、アイが接着剤で塞がっていないかとか、どうにも見えなくて難儀してました。そのうち帽子の庇に着けるタイプのも導入してたりして。
loope2.jpg
posted by tetk at 18:26| Comment(6) | TrackBack(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月20日

本日のトライ

きのうに引き続き本日もタイイング。
きょうはパラシュートに挑戦。
Parachute.jpg

巻いてる本人は何のつもりかわかっていません。
来週はどこかへ出掛けたいなあ・・・。
posted by tetk at 18:28| Comment(9) | TrackBack(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月19日

ライトケイヒル・・・のつもりです

F.F.ショップにて
私:「すいません。ライトケイヒルを巻いてみたいんですけど、必要なマテリアルを見繕ってもらえませんか?」

とお願いしたところ、
店員:「へいっ、喜んで!」

と答えてくれたかどうかは定かでありませんが、いろいろ教えてもらいながら揃えてもらって材料調達。きっとこれからも巻きたいものを言って揃えてもらうことが続くと思います。パターン名もマテリアル名もとても覚えられないですよ。

というわけで、出来上がったものを見て「何だこりゃ!?」と叫びながらのタイイングでした。

その1 最初の何個かはこんな感じの通称「うさぎさん」
lightcahill_01.jpg

その2 貧相でなんか寂しい
lightcahill_02.jpg

その3 これでも少しはマシな方
lightcahill_03.jpg

その4 なんかデブ(ハックルを下まで巻き過ぎなのかな)
lightcahill_04.jpg

本日のトライアル結果
lightcahills.jpg
posted by tetk at 20:14| Comment(6) | TrackBack(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Google+