2009年09月27日

41人の嵐 1982年台風10号の一記録

41.jpg

私は"カウチクライマー"です。山岳小説、登攀記や生還劇などを読んで、あたかも自分で登ったような気になってます。"カウチ"は言い過ぎかな(笑)。たいてい通勤電車の中か、退社後に喫茶店で読みふけることが多いですし、家にそもそもソファなんてハイソな家具はありません。

山行き前は、最近の様子を知りたくていろいろ検索して情報収集するのですが、先日の南ア仙塩尾根コースを探している時に、両俣小屋から集団で避難した記録があることを知りました。読んでみたくて、本屋、amazon、さいたま市の図書館を当たってみたものの入手不可能。検索の結果、山梨県立図書館に蔵書されていることがわかりました。ダメ元でさいたま市の図書館に取り寄せを依頼して、ようやく読むことができたんです。
・・・・・
久しぶりに一気読みしてしまいました。1982年と言えば、自分がまだ南アと中アに挟まれた飯田市に住んでいて、山を始める前のことです。でも、台風で全通したばかりの中央道が土砂崩れで通行止めになった記憶がかすかに残っています。さらについ先日見た小屋での出来事ですし、一部だけど避難経路も歩いたし、仙丈ケ岳山頂で大型台風直撃に遭ったこともあるし、ヒマラヤやアルプスを舞台にした他の話よりも、ずっとずっと身近に感じました。
小屋番さん(著者でもあり現役の両俣小屋管理人さん)の自責の念を記した文章に「誰も悪くないのに・・・」と涙したり、助け合うワンゲル魂に感動したり・・・。登場されるワンゲルの方は私と同年から2-3歳上の人たちですが、あんなルートをあんな天候の中をずぶ濡れになりながら避難した苦難とか、登山靴も無しで脱出を逐行した女の子や仲間の精神力とかがダイレクトに伝わってきました。
私は独自・独学・見よう見まねで登ってるだけで、ワンゲル部も山岳会の経験もありません。巷では大学山岳部/ワンゲル部の衰退が言われているそうですが、41人の嵐に登場してくるような部なら参加したかったかもと思いました。彼らの一人でも欠けていたら、全員無事とはいかなかったような気がしますから。

おそらく自費出版の郷土史的文献なので入手難だと思いますが、南アが好きな人とかワンゲル関係者の方は是非ご一読をと思う一冊でした。
posted by tetk at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月30日

CAMPSAVERという胸糞悪い通販ショップ

先日洩らした通販のトラブルは、Better Business Bureau (BBB:米国商事改善協会)の助けを得ながら一応は解決を見ました。買った道具は何も悪くないのに、それを見る度に思い出しそうなところが後味悪くて嫌ですね。

今回はじめて BBB へ提訴して仲裁を依頼しました。海外通販にはいろいろトラブルが付き物なので、私の経験が役に立つのであればという思いで以下のコンテンツを HP へアップしています。少しでも参考になると良いのですが・・・。

悪い店を事前に見分けるためのBBB利用法
BBBへの提訴の仕方と流れ


通販の面倒なことの一つに、欲しい品物が全部揃っているショップがなかなか無いということがありますね。仮に揃っていても、Shipping policyを読むと海外発送しないブランドになっているケースもありますし、片方しか揃わない店ならディスカウントされてるのに定価販売だけで購買意欲がそがれたりというケースも多々あったりして。
過去にブックマークした数10店舗を探し回り、海外版価格比較サイト thefind.com を駆使しながらようやく欲しい品が割引価格で購入できそうなのが CAMPSAVER というショップだったんですよ。

こう書くと CAMPSAVER がさも救世主的存在な店に見えてしまうかもしれません。経緯などは上記コンテンツに詳しく書いてあるので参照していただくとして、私はこの店を使わないことを薦めますよ。顧客対応が「誠実」のかけらも見られない胸糞悪いショップという感想です。うまくいってる人もいるみたいですけど、私と同じように忘れた頃に着いた例もあるようですしね。
さてこのCAMPSAVER、私は二度と使う気が起こりませんが、コレ読んで使うか使わないかはあなた次第です(笑)。どうします?
posted by tetk at 11:33| Comment(9) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月15日

暇なので

既に夏休みは先週で終了。今週は動くと渋滞にハマルから大人しくしてます。

で、とっても暇なんで久しぶりに自分の撮った写真を「mossのある風景」にアップしました・・・と言ってもこのBlogで公開してた素材なんですけど・・・。皆さんのテン場からの風景をお待ちしています。

ついでに「Outdoor Links」も少し追加(ここは通知無しでよく変更してます)。イマドキHTMLで作ったHPをメンテしてるのも古臭くて時代錯誤ですよね。それでも毎日150-200アクセスくらいの訪問者もあるようで、ありがたいことです。

次のコンテンツは通販トラブル顛末記になる予感。まだ詐欺られたわけじゃないから経済的損失は無いけど、シカト攻撃に遭ってます。現在BBBに提訴中。どうなるんでしょうね? 請うご期待!(笑)
posted by tetk at 11:56| Comment(3) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月13日

高山植物でも・・・

先日の西穂山荘で、小屋の近くに咲いている高山植物の名前を子供達と教えてもらったとき、考えさせられることがありました。

本来なら小屋周辺の山域では生息していないはずの高山植物が、其処彼処(そこかしこ)に咲いているのです。おそらく登山者の靴やザックに付いて来た種が発芽して繁殖したのだと思います。小屋の方は小声で「ホントはコッソリ抜かなきゃならないんですけど・・・」と話されてました。元々あった植生を守るなら抜くのが正しいのかもしれませんし、いま現在咲いている高山植物をそのまま維持するなら放置するのが正しいのかもしれません。"侵入者"が貴重な高山植物なだけに悩ましい問題ですね。我々登山者にできることは、次の山行きの前に靴の泥をしっかり落として種子の運び屋にならないように注意することくらいなんでしょうか。

余談ですが、日本の高山にハイマツが多いのはホシガラスが生息しているからという説があるそうです。彼らがいない海外の高山にはハイマツが無いんですってね。
posted by tetk at 00:03| Comment(4) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月26日

登り優先?

HPEt cetera に、山の「登り優先」について常々思っていたことを書きました。

自分自身は南アが多くて、北アみたいに混雑して延々と列が続くような山行きは少ないです。空いてる南アだからかもしれませんが、すれ違った団体のリーダーさんが、気を使って下りの私を先に通してくれることもあります。南アは比較的山慣れされた方が多いように思いますが、それでも時々すれ違いざまに「登り優先なのに!」と悪態を吐くオバタリアンがいるんですね。危険箇所にこちらが先に突っ込んでいて、こちらが待ちようが無くてやむを得ず先方に待ってもらった時に言われることも、ここ2-3年増えてきたように感じます。

安全第一を考えて、かつ、互いに思い遣る心があれば、こんなことも無いでしょうにね。

ハイシーズンを迎えると思いますが、ご安全に。
posted by tetk at 20:37| Comment(5) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月14日

ご無沙汰キャンプ

無茶苦茶久しぶりに揃ったメンバーでキャンプをしてきました。中には5年ぶりに顔を逢わせる人もいて、懐かしいやら互いに歳をとったことを再確認したりとか(笑) 気が置けない仲間とのキャンプはいいですね。

<勇姿>
P1090987s.JPG
面白すぎてキャンプ風景の写真が皆無です。

P1090986s.JPG
初めてZINGの実物を見せてもらった。シルナイロンの生地がすごく伸びますね。いい加減にガイラインを引いても、引っ張れば皺が減る感じ。外周部のタフタ生地は補強の意味があると思っていたけど、「あの縫い方に補強の意味は全く無くて単に"切り取り線"を入れてわざわざ弱くしているようなもの」とは縫製専門家の意見。伸びを抑える意味くらいしかないみたい。アルミポールの折れやすい部分を太くしているのは面白いですね。でも幕体自体が風に弱そう。それとサイドをサブポールで上げた時の曲線の出方は元祖の方がハッキリしてました。

コレ以外にも珍しいテントや話題のテントのオンパレード。Outfitterwingを除いてmossは一張りも無いし(笑)
実はTitanを持っていくつもりで、現地で広げたらStardome! しかもポールが入っていなかった(泣)
posted by tetk at 21:17| Comment(16) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月21日

mossのある風景

HP の『mossのある風景』に Ravi さんが投稿してくださった写真をアップしました。
青い海とmossの組み合わせもいいものですね。屋久島・・・一度は訪れたいです。
posted by tetk at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月19日

POLON-Tって撥水剤としてアウトドアの世界では有名なんですか?

週末に撥水処理を行おうと思って、久々に『POLON-T』で検索してみてビックリしました。出てくる出てくる(笑) 『撥水剤としてアウトドアの世界では有名』なんですか?

このテント/タープの撥水処理にPOLON-Tを使うアイディアは、私のキャンプ仲間でもあるお友達から4-5年前に教えてもらって自分でも試して、3年ほど前にHP/Blogで紹介しました。もちろん当時はどこで検索してもPOLON-Tをテントに使うなんてことを書いてあるサイトはありませんでしたよ。それがまあこんなに広がってるなんて、それだけ撥水処理に苦労されてるということなんでしょうかね。

昔の画像
silicons.JPG

我が家のテント達の劣化進行も止まっている気がします。前はひと夏過ぎるたびに"あぁ〜↓"と溜息ついてたのが無くなりましたしね。
ラベル:メンテナンス
posted by tetk at 23:10| Comment(8) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月17日

メンテ日和・・・じゃないけど

もうテントを増やすことは無いと思っていました。(←このセンテンス、「テントを買うことは無い」と言っていない所がミソで、入れ替えはアリと思ってるんです。) 年間泊数から考えても箪笥の肥やしが増えるだけですし・・・でも増えちゃったものは仕方ありませんね・・・と開き直って居直って、朝からメンテナンスに勤しみます。

天気は絶好のメンテ日和・・・なわけなく強風に雨(泣)。洗濯後に一旦ベランダに干したものの、巻き上げられ煽られて気が気でありません。水のしたたりが落ち着いたところで室内乾燥に移行したのでした。

乾いた後でフライシートにシームテープを貼り付けていきます。
nuime.jpg

シームテープ貼り付けのポイントは、@低温設定のアイロンでテープを押し付ける(シワを伸ばすわけじゃないんで横へ滑らせない)、A熱いうちに手指の腹でテープを上から押し付ける、です。Aをやるとやらないとじゃ気泡の抜け方が全然違いますよ。実際の縫製工場ではヒートガンで熱しながらローラーで押し付けているそうですから。

撥水処理はまた来週。公開はその後のお楽しみにしといてください。
posted by tetk at 21:08| Comment(4) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月10日

お問い合わせへのお返事

Kermit Chair のエントリにいただいたコメントへのお返事などを。

国内販売店
ありません。業者間取引(卸販売など)を行う計画も気持ちも全く無いそうです。今まで日本のショップなどからかなりの数の問い合わせがあったそうですが、全部断っているそうです。


送料や価格
送料は、多分明日から値上げされますから、残念ながらもう間に合わないですね。でも、Yahooオークションで出ている出品価格はハッキリ言って高いです。一脚のみの発注でさえ高くても18,000円前後で個人輸入できますから、個人輸入されることをお薦めします。
実際の落札額がどれだけ高くなろうとそれは入札者の価値観なのでとやかく言うことではないですが、出品価格が儲けを含めた金額に設定しているのはいやらしいさもしい感じがしますよね。6脚発注なら1脚16,000円台で入手しているハズですから、そこまでして送料分を取り返したいのかって思っちゃいます。


オプション
別売で入手可能なのは、脚を伸ばすレッグエクステンションとカップホルダーの2種類です。これとは別に椅子の生地に名前を刺繍で入れてもらうこともできます。


共同購入
私が共同購入を募る予定はありません。一緒に買ってもいいという方がおられましたらコメント欄のアドレスにメールしてあげてくださいね。
posted by tetk at 19:14| Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月30日

バッテリー交換

恥ずかしいことに、先日バッテリー上がりを起こしました。この2週間くらい、セルモーターを回すときに弱ってるなあと感じていたんです。丸6年も経つんだから寿命なんですね。5月は定期点検だし、中旬以降なら新型もいっしょに見られるし、その頃まで持つかななんて色気を出してたら、事態はもっと進んでしまっていたようです。

いっしょだった仲間に電気もらって(3名いて、3人ともブースターケーブルと牽引ロープを装備してるのも凄いよな)事なきを得ましたが、帰宅途中にディーラーへ連絡して、バッテリーの手配と定期点検の前倒し実施を依頼。きょう完了して返ってきたけど、駐車場から持って行ってもらう際、やっぱり回らなかったそうです。

レガシー乗りの方、セルモーターの回り出しが重く感じたり、何故だか時計が01:00にリセットされている現象を見たら、直ちにバッテリーを交換した方が良いですよ。
posted by tetk at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月27日

きょうの Google

今朝Googleのトップページを開いたとき、画像が半端にしか表示されていないと思った。半分くらいしか写真が表示されないことって(多分サーバ側問題)たまにあるから、そんなところだろうと特に気に留めなかった。昼にもう一度見たときも同じで、この時にもう少しよく見てみたら、あれ?モールス符号じゃないの! 
「えっ!?きょうなにか無線に関係ある日?」と思って調べたら、サミュエル・フィンレイ・ブリース・モールスという人の生誕記念日だそう。現在のモールス符号とは違うけど、電信の基礎を作った人とのこと。
それにしても年老いたごく一部の無線家にしかわからないようなロゴに変えてしまうGoogleってやるなあ。
posted by tetk at 19:58| Comment(4) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月04日

思ひ出の・・・

本棚を整理していたら懐かしいカタログが出て来ました。
leone01.jpg

ALL NEW レオーネツーリングワゴン。初めて持った車です(厳密に言うとマイチェン前のSTターボだったんですけどね)。働き出して1年経った頃に購入。バブル真っ盛りで都内を車高族が闊歩していた時代だったかな。今では一般車通行止めになっている林道も走れた頃だったし、不整路走破性が欲しくてパジェロの2ドアを買いたかったんだけど、中古パジェロの首都圏価格が田舎より何十万円か高かったし、会社の先輩の薦めもあってレオーネツーリングワゴンにしたのでした。

でもこのレオーネ、凄く面白かったなあ! 
ステーションワゴンなんてまったくのノーマークだったけど、レオーネにはたくさん遊ばせてもらったし、以降の車選びの基準に「布団が敷けること」なんてのが加わったし、無茶無茶影響を受けました。油圧式サスペンションで下手なXC車以上の最低地上高がボタン一つで得られるし、副変速機付き4WDは山道の傾斜に合わせたギア比を選べるし、荷室に布団を敷いて寝られたし、4WDにすると高速道路の路面に吸い付くような走りを感じられたし。一番思い出の詰まった車だったかもしれない。駐車場に停まっているレオーネが、「ねえダンナ、どこへ遊びに行きましょうか?」って語りかけてくれるような気がしてたもん。レオーネ以降に乗った車はみんな車の方が偉すぎて、「行きたいところがあったら連れてってやるぞ」みたいな雰囲気を醸し出していたもんなあ。

あの頃は自分も若かったし、今じゃもう耐えられないんでしょうね。
posted by tetk at 23:03| Comment(6) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

満開直前

近所の公園へ桜見物へ。あと一歩で満開ですね。
09hanami1.jpg

時々ひらひらと落ちてくる花びらも。
09hanami2.jpg

子供と鬼ごっこして負けた(悲)
posted by tetk at 20:05| Comment(2) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月25日

新コンテンツ

お気付きの方もいらっしゃると思いますが、『mossの部屋』に新しいコンテンツを追加しています。新しいと言っても今まで書いていたりあっちこっちに分散していた情報を、いくつか私が特に好きなモデルごとにまとめただけなんですけどね。取り上げたモデルについて歴史なんかが解ると思います。でも、このシリーズはせいぜいあと1-2モデルしか書けないかなあ。

単に事実を並べるだけじゃ能が無いので、もちろん賛否があるのを承知の上で個人的偏見・見解・想像をたくさん盛り込んでます。事実誤認に気付かれたら教えていただけると嬉しいです。
posted by tetk at 22:36| Comment(20) | TrackBack(1) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月28日

カーミットチェア発送完了

kermit_22.jpg

いくつかの梱包に分かれて海を渡ってやって来たカーミットチェアが、ようやく全数揃いました。色の確認をしながら撮影。この後梱包作業に突入&発送完了。
手元に届くまで秒読み段階ですよー。
posted by tetk at 13:48| Comment(4) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月13日

カーミットチェア発注完了

カーミットチェア共同購入の発注が終わりました。一両日中に出荷される見込みです。参加者の皆様に確定数量の内訳をお送りしましたので、ご確認ください。未着なら連絡してくださいね。

それとご自分で発注を検討している方へ、メールでいろいろ話してわかったことをいくつかお知らせ。


送料の件:
多分5月11日からUSPS(アメリカの郵便)が値上げされます。それに伴って送料も値上げすることになりそうだとのことです。元々割高な商品ですし送料もそれなりにかかるチェアですから、半年前の円安時だと込み込み一脚2万円にもなってしまいました。それでなかなか個人輸入に踏み切れなかったんですよね。円高ドル安で送料値上げ前の今が、最も入手に適した時期なのかもしれませんよ。


オプションの件:
Kermit Chairのサイトに写真が載っているロッキングチェアキット「Rocker」は、発売予定が全く無いそうです。欲しくて「プロトでもいいから売ってくれない?」と訊いたら、「数年前に試作してみたけど全然機能しなかった」とのこと。残念ですねえ。


その他雑談:
「急に日本からオーダーが増えたんじゃない?」と訊いたら、まさに大きな地震波が来てる感じだとのこと。コメントを残してくださる皆さん以外にも、"好き者"が多いんですね(笑)

posted by tetk at 21:56| Comment(11) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月08日

旧Tepcoひかり と 新KDDIひかりone

昨晩、KDDIの営業君が我が家を訪ねてきました。要件は、現在契約している旧TepcoひかりマンションV100から(現在のひかりone TタイプでWEB上ではすでに新規募集を打ち切っている)、KDDIのひかりoneマンションタイプVに乗り換えてくれないかというものでした。

まず住んでる集合住宅(マンション)の状態を説明しておくと、通信回線を提供する通信事業者(ISPじゃないです)として、NTT-ME(ISPとセット販売)、UCOM、NTT東日本、KDDI、KDDI(旧Tepco)、Yahoo BB(ここはISPとセット販売)が入り乱れてます。BフレッツのNTT東と、usenと組み合わせたUCOMの2社で、全戸の90%くらいを占めているんじゃないかと。KDDIやYahooの入線時期は最後発に近かったから、NTT/USENが通った後にはペンペン草も生えないような状況だったことは確実で、実際加入者も数えるくらいしかいないとのこと。そんな状況であるにもかかわらず、KDDIとしては旧Tepcoサービスと合わせて2重の設備投資/維持をしているわけで、赤字物件であることは間違いないだろうと思います。さらに、現在旧Tepcoサービスを利用しているのはウチを含めて2軒だけだそうです。

通信事業者の内情やら仕組みやらを知っている身としては、さっさと設備を撤去してマンション単位の黒字化を図りたい気持ちは痛いほど理解できます。でも、サービス契約を結んだ自分は利用者(ユーザ)なわけで、マンションから局舎までを共有する人が少ないのは朗報。ボトルネックが発生する場所が一箇所減るから速度的に常に有利になるのです。それに、全国的に旧Tepcoひかり網からKDDI網へ移行させているってことは、旧Tepcoひかり網のバックボーンも日々使用者が減って空き空きになっていくわけだから、たとえ今後増強しないとしても全く問題ないのです。

自分が通信キャリア事情やネットワーク技術に詳しいことを明らかにした上で、KDDI回線サービスに乗り換えるメリットを訊ねると、新規契約時のキャンペーンによる半額サービスが数ヶ月あるだけで、別に今回わざわざ手間隙かけて移行するメリットが希薄。そもそも共有する人の数が何倍にも増える回線に移行するのだから、そっちのデメリットの方が圧倒的に大きいわけです。

そういうわけで、当然のことだけど移行に関してはノー。当分は今の回線のまま使用し続けますよ。

もっとも、通信事業者が設備撤去を一方的に実施することもできるわけだけど、これに関しては総務省がサービス停止に係るガイドラインを出していて、「相当な期間」の予告を経てからでないとやってはいけないことになっています。通信回線のサービス移行には時間がかかるという理由で、最短でも3ヶ月、一般的には6ヶ月以上1年程度の猶予期間をサービス利用者(ユーザ)に与えなくてはならないのです。多分、今回戸別訪問して移行のお願いをしてきたのは、ユーザがゼロになれば直ちに撤去できると踏んだんだろうと思うけど、残念でしたね。

半年後か1年後には強制的に撤去されてしまうかもしれないけど、その時点で再度一番いいキャリアを選びば良いわけです。もし、旧Tepco回線からKDDI回線への乗り換えを薦めてきたら、速度が遅くなる可能性が高いからと言って断りましょうね。
posted by tetk at 23:24| Comment(9) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月27日

REI の不思議

アウトドア系通販サイトとしてアメリカの REI が有名ですね。私も OUTLET 商品でたまに使うことがありますが、先日利用した際になんとも良くわからない現象にぶつかりました。

最近特に厳しくなってきたブランド毎の輸出規制については、Restricted Brands の項目に記載されています。アメリカ国外に発送できないブランドに BlackDiamond が載っていないので大丈夫だろうと(これが間違いの元なんですが)BD 製品を 2 点ばかしカートに入れてチェックアウト。早く出荷されないかなあと思っていたところ REI カスタマーサービスからメールが到着。内容は BlackDiamond 製品を日本に送ることができないというものでした。

アメリカ国外発送禁止ブランドの下の方に、アメリカ/カナダ/メキシコ以外に発送できないブランドが書いてあって、その中に BD が含まれていたのです。これを見落とした自分の完全なるチョンボなんですが、不思議なのはここからです。

前に書いたように 2 点の BD 製品をカートに入れていましたが、カスタマーサービスとのメールのやり取りのあいだ中、1 点は送れないと言うもののもう 1 点について何も言及してこないんです。購入品リストには『 BD 』とかじゃなくて『 BlackDiamond 』と明記してあるし、担当者の目が節穴なのか、いったいどんな違いがあるんでしょうね? こちらからわざわざ指摘して薮蛇になるのも嫌なんで黙っていたら、結局指摘されなかった 1 点は日本へ到着。アウトレット品なんで入荷年とかが関係してるんでしょうかねえ?
ラベル:通販
posted by tetk at 21:14| Comment(4) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月24日

50MHz Linear Amplifier

無線機やそのアクセサリは、ハンディタイプを除いてほとんど手放してしまっています。でも手放せないと言うかそもそも引き取り手がいない自作品もあって、捨てるに捨てられないし、すっかり箪笥の肥やしです。

50mhzamp01.jpg
今から20数年前に作った50MHz帯用真空管式リニアアンプ。それこそ 20 年ぶりに 6JS6C x 2 へ灯を入れてみました(「ひ」と読んでください。「火」とも書きます)。懐かしい輝きですねー。エキサイター自体がもう手許に無いのでパワーを掛けることはできませんが、出力に応じて青白く輝く明るさに見とれたものでした。私と同世代の方なら昔の真空管式テレビの内部を思い出すかもしれないですね。ちなみに 6JS6C は元々TV用の球で、アマチュア無線に流用されたんです。「貧乏人用真空管」なんて陰口もありましたねえ。

50mhzamp02.jpg

そうそう「電源を入れる」ことを「火を入れる」と言うのは、真空管製品の電源を入れると、真空管内のヒーターに電気が流れて赤や青に光ったことがまるで火が灯ったみたいに見えたことから来てるそうですよ。
真空管の灯を見ていると、iPOD みたいな最新ソリッドオーディオプレーヤーに真空管式アンプを接続して楽しむ人がいるのも納得できますね。
posted by tetk at 15:26| Comment(2) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Google+