2010年05月02日

Proccessor Fan Not Detected

8年くらい使い続けているデスクトップPCが、昨年12月くらいからCPUファンが動かなくなっていました。それで起動時に表題のエラー・メッセージが表示されていたんです。
重い腰を上げてDELLのサポートへコンタクトしてみるものの、当該機種用ファンの保守在庫が無いと言う(PC本体の仕様を訊ねるだけでもサポート費用の金払えという無茶なものだったから、次に買い換えるときDELLは買わないゾ)。

仕方なくPCショップへ出かけて合いそうなファンを探す・・・しかし古過ぎるせいなのか、直径(ファンの縦横)は合う物はあっても奥行きまで合う物が一切無し。薄くなったんですねー。その薄いファンを購入して帰宅。導気管というか通風用ダクトに合わせたら、まあなんとか使えそうだった。
dellfan.jpg
ところが今度はコネクタ形状が合わない。DELLが特殊すぎるのか?
壊れたファンのケーブルを切断して、そのコネクタに新しいファンのケーブルを半田付け。ところが相変わらず回らないしProccessor Fan Not Detectedエラーのまま。マザーボード側コネクタから電圧が出てることはテスターで確認してあるし、結線にまちがいは無いはずだ(何パターンか試した)。うーん、ファンも特殊だったのか?

まあ冷却してくれればいいわけだからと納得して、余ってるドライブ用コネクタから電源を取り、常時回転とすることで良とした。

アウトドアとまったく関係ないITネタは続きます。あしからず。
posted by tetk at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

続 旧「TEPCOひかり」サービス終了に伴う回線変更その後  『KDDI固定電話とフレッツ光ネクストの不思議な関係』

旧「TEPCOひかり」サービス終了に伴う回線変更その後で紹介したKDDIの旧Tepco光サービス停止に伴う回線変更がいまだに完了していません。先月末でプロバイダであるDTIの停止期限を過ぎてしまっているのですが、フレッツ光ネクスト・マンション・タイプへ申し込んだものの空きポートが無く、機器増設に時間がかかっていたのが一番の理由です。(移行完了までDTIを使い続けることは可能)

先週、ようやく機器増強(VDSLの親機をMDF室に追加する作業)が終わったらしく、Tepco光環境から切り替える工事日程を調整する連絡が、NTT東日本から入りました。
ところが・・・ところがなのです。よりによってNTT東日本は、電話線を追加配線する工事をしなければ提供できないので、5,040円余分に払えと言って来たのです。その理由は、他社の電話回線上にフレッツ光ネクストの信号を重畳できないとのこと。これはおかしい! 

我が家の環境
@固定電話はかなり昔にドライカッパー利用の直収電話サービスであるKDDIのメタルプラス電話に変更している。
Aインターネットは旧Tepco光マンション・タイプで、自宅からマンションMDFまではマンション資産の電話線。

現在の接続イメージ(クリックで拡大)
beforeNTT.gif

切替後の接続イメージ(クリックで拡大)
afterNTT.gif

ようするに、今Tepco光のVDSL親機に接続されている電話線を、NTT東日本のVDSL親機に接続しなおせばいいだけなんです。技術的にまったく何も問題無い構成。そもそも普通の家では、電話回線がNTT東西でVDSL装置がNTT以外という、私と逆パターンのケースが数多く存在します。

最初の電話は工事アポ取り係のお姉さんだったから埒が明かないんで、翌日上司だか別の詳しい担当からコールバック。ところがそこでも「他社サービスと重畳すると切り分けができなくなるから」と言う。馬鹿も休み休み言いなさいって! 切り分けできないなら何で逆パターンが広く使われているの? 切り分け作業の手順も同じなら、所有区分/責任区分も明確だから、それは全く理由にならないでしょ? という話を延々してあげる。
すると、どーもマンションとGC局(最寄の局舎)を結ぶケーブル上を重畳してると責任区分がどーしたあーしたなんてことを言っているらしい。ちょっと待て。そもそもVDSL環境だから、マンション〜局舎間のケーブルは、メタルプラス電話用電話線とフレッツネクスト用光ケーブルは別々で重畳なんてしてないでしょ・・・と始まって、局舎からのケーブルとマンション内の配線/結線/信号の流れを講義してあげた。
もちろんNTT東日本とフレッツ光のWEBサイトで提供不可条件に記載されていないこととサイト内のどこにも記述が無いこと(顧客の目の届くところに情報を公開していない)、KDDI側で何も問題ないこと、ISPとホールセール契約を結ぶ際に提供不可条件として通知されていないことは確認済みです。

ココまで来てようやくNTT東日本の主張がおかしいことに本人が気づいてくれました。社内で確認・調査して再度連絡してもらうことに。

で、きょう現在まだ完全な結論が出ていません。いろいろ調査してくれているようで、障害切り分け部隊に確認したら特に問題ないという回答だったそう(そりゃ当然だ)。しかし埼玉支店だから本社の意向に沿わなきゃいけないらしく、本社へ問い合わせているが回答が来ていないらしい。まさか本社の連中がタコって事無いよね?
さてNTT東日本本社の連中は、自分のまちがいに気づいてこのまますんなり切替工事に移れるか。それともやはりダメの一点張りで、MDF〜自室間の電話線追加工事をやると言うのだろうか?


かなり詳しくないとNTT東日本の矛盾点を論破できないはずで、普通の善良なユーザはわからないまま払わされてるんだろうなあ。もしこんなことが日常茶飯事に発生しているとしたら、余計な費用負担に加えて余計な時間と手間もかかっているし、NTT自身も余計な工事と費用が発生しているはず。そうだとしたら無駄ばかりでなんとecoから遠いことよ(哀) 
posted by tetk at 22:40| Comment(10) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月04日

モンベルの損害賠償を試算してみる

ここを見てくださる中にも先日アップしたモンベルの情報漏えい事件の被害者になってしまった人が結構いらっしゃるんですね。ご愁傷様です。

で、モンベルからは一人5,000円の賠償金が支払われるそうですが、かなり少ないと言うか最低最小の、ある意味ユーザをなめた金額だと思います・・・というわけでちょっと試算してみます。

計算の元にさせていただいたのはこのサイトで、日本ネットワークセキュリティ協会が考案した「損害賠償額算出式'03」に基づいています。判例で下った賠償金額と比べても割と精度が高いみたいですよ。

損害賠償額 = 基礎情報価値 [500]
         × 機微情報度 [Max(10^(x-1) + 5^(y-1)]
         × 本人特定容易度 [6,3,1]
         × 情報漏えい元組織の社会的責任度 [2,1]
         × 事後対応評価 [2,1]

基礎情報価値
定数で 500 ポイントです。つまり漏れたのがどんな情報であれ最低500円からという意味です。

機微情報度
xに経済的損失レベル、yに精神的損失レベルを入れて計算します。今回クレジットカード情報が流出して実被害者もいることから、カード番号だけでなく有効期限などの情報も漏れていると思われるので「x=3」、もし会員登録時に好きなアクティビティを入力していてそれも漏れていたら「y=2」となります。
10^2 + 5^1 = 105

本人特定容易度
漏えいした個人情報からどれだけ本人特定がしやすいかを示す値で、住所・氏名が漏れた時点で「6」です。

情報漏えい元組織の社会的責任度
まあ世間一般からすれば誰も知らない会社なんだろうから「1」です。裁判になったとき、あっちこっちのモールに出店してること、アウトドア業界では知名度がトップクラスなこと、ガイアの夜明けとかで取り上げられたりしてることが加味されたら「1」じゃ済まないかもしれませんね。

事後対応評価
事後対応がすべて完璧にやったと仮定して「1」。

これらを計算式に代入すると
損害賠償額 = 500
        × 105
        × 6
        × 1
        × 1
      = 315,000 円

仮に住所・氏名が一切漏れていなくて本人特定が困難(ポイント 1)だとしても52,500円ですよ。どーですか?
私は実際に漏れた情報に何が含まれていたか知らないので、被害者の皆さん、ご自分で計算されてみてはいかがですか?

・・・過去の判例からしても、集団訴訟起こせばモンベル完敗だろうなあ。

4月7日追記
流出した情報はカード番号と有効期限とのことですから、標準的な賠償額を計算すると以下になります。
損害賠償額 = 500
        × 101
        × 1
        × 1
        × 1
      = 50,500 円
実際の賠償額が5,000円だそうですから10分の一以下ということ。本来なら賠償総額5億円以上かかる可能性が高いところを6千万円程度に抑えたってわけですね。

私はこの態度、真摯だと思いません。
posted by tetk at 19:22| Comment(6) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月02日

エイプリルフールです

4月1日付けでアップした記事はウソです。
万一期待しちゃった人がいたらゴメンナサイネー。
posted by tetk at 00:01| Comment(6) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月23日

モンベルのカード情報漏えい事件

今年1月に、モンベル社のWEBサイトからクレジット・カード情報11,446人分が流出した。その手法は「SQLインジェクション」というアプリケーションのセキュリティ脆弱性を利用した攻撃なんだけど、攻撃されたモンベル社にも大いに責任がある(一番悪い奴は攻撃した奴なんだけど)。クレジットカード業界の情報セキュリティ規格「Payment Card Industry Data Security Standard(PCIDSS)」に準拠していないからこういう結果になったとも言えるでしょうね。

モンベルの悪い点はいくつか挙げられます。
まずWEBアプリケーションの脆弱性を排除していなかった。WEBアプリケーションとはモンベルのWEBサイトで買い物をするときにサーバ側で動いているアプリケーション・ソフトなんだけど、これのセキュリティ・ホールを塞いでいなかった。

2点目はデータベースの保護をしていなかった。WEBアプリケーションからカード情報が格納されたデータベースへアクセスするわけだけど、その経路上で (物理的経路と論理的経路の場合がある)不正アクセスを検出して排除する仕組みを導入していなかった。これをやっていれば、WEBアプリケーションに脆弱性があっても水際で食い止められたはず。

3点目はWAF(Web Application Firewall)を導入していなかった。WAFは「ワフ」って読むんだけど、WEBアプリケーションの脆弱性を修正するにはかなりコストがかかるんで、不正な要求コマンドがアプリケーションに到達しないようにチェックするファイアウォールをWEBサーバの手前に置いておく。すると今回の攻撃手法だった SQLインジェクションを検出して排除することでWEBアプリケーションを守ってくれるというわけ。


多分、一番簡単で一番安くできるのがWAFを導入することなんだけど、それすらやっていないセキュリティ意識の低いショッピング・サイトだったと言えるでしょうね。モンベルに限らず自社サイトで(楽天とかじゃなく)クレジット・カード情報を入力させるようにしている場合は上記対策を施さなければならないルールです。でも、ネット系とかセキュリティ系の会社以外じゃそこまで気が回らないんだろうなあ。コストかけても売り上げに結びつくわけじゃないし。
モンベルは今回の漏洩事件で個人への補償や対策費用が少なくとも何百万とかかかってしまうんでしょうねえ。そればかりか今後の対策としてWAFなどの購入費用も発生するわけですよ。けっこう高性能なWAF装置だと数百万から上は二千万超まであるけど、これをケチったばかりに大きな代償を払うことになってしまいましたねえ。

使う側がそういうサイトじゃ情報を入力しないように(他の支払い方法を選ぶとか)するくらいしか対策が無いかも。ま、アウトドア業界でそこまでやってる会社があるとはあまり思えないし、無闇にカード決済をしない方が良いというわけですな。ポイントとしてはWEBサイトの会社にクレジット・カード情報が一切渡らない決済システムを採用していればいいのかもしれないけど・・・その先が対策済みかまで調べるの面倒だなあ。
ラベル:ニュース
posted by tetk at 22:51| Comment(10) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月15日

期せずして大所帯

急遽思い立ってキャンプへ出かけることに。三連休中日に出かけられないことが決定したし、天候も良さげだし、mitonchoさんに場所を指定してもらってノンビリ出発、現着15:30。今回は『登山+α』の装備で1-2時間のバックパッキングなら持って行ける量です。
aone10031403.jpg

設営後の珈琲タイム
aone10031401.jpg
『Optimus 123 Climber』。1990年前後の個体でいわゆる123Rというヤツ。映画『点の記(剣岳)』でも登場する古くから続くストーブで、年代によって少しずつ変わってきてます。残念ながら映画の中だとそこまでの時代考証がされていませんでしたね。

・・・
お会いしたことがある方々が一人また二人と到着されていつのまにか10人くらいの大所帯。深夜まで続く歓談から02:30頃お先に失礼させていただいて就寝。はかせさん、キノコとじゃが芋ご馳走様でした。
・・・

幕営登山に興味津々のお二人に最軽量ダブルウォールのFlyCreekをプレゼンし、一名様お買い上げ決定(笑)
aone10031402.jpg

そうそう、私の使っていた上土佐備長炭はココで入手してます。この店の岩手切り炭もすごくいいですよ。
http://www.rakuten.co.jp/sumi/
ラベル:キャンプ
posted by tetk at 19:25| Comment(16) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月03日

コピー天国2

moss Encoreのパクリを紹介しましたが、今度はKermit Chairのパチモンです。

折りたたみウッドチェア

169,000ウォン 約13,100円
本物より高いコピー品ってどうよって感じです。

こういうのを「使えりゃなんでもいい」とか何とか理屈を付けて買う人がいるからのさばるんでしょうね。それにしてもPeakParkやNOSってコピーのオンパレードですなあ。誇り高きはずの韓国民族とは思えない。あるいは韓国で作らせてOEM提供受けてたりしてね(笑)

3月5日追記
すげーなあ・・・↑を書いた翌日にもうBLOG記事にしてる人もいるし。すぐオークションとかでも出回るんじゃないですか? あーやだやだ。
ラベル:ニュース
posted by tetk at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月21日

アレっ?

mossの広告ビジュアル集もだいぶ進んできました。春頃に終わっちゃうかな。
きょうは、1989年の広告素材の準備をしてました(公開は来週くらいかな)。見たことあるビジュアルだと思って探したら、1996年から1999年まで4年間にわたってStardomeのページに掲載されていたものと同じ・・・とまあ素材の使いまわしはいつものことなんで、ここまでは「ふーん」という感じなんですけどね。でも、「アレっ?」・・・なんですよ。

そこでクイズです。以下ページの写真でおかしなところはどこでしょう?
1996年のカタログ写真
1999年カタログの写真

当りでも何も出ませんが・・・(笑)


2月26日 回答編
もう皆さんわかっちゃってると思いますが・・・

1996年までの写真
96.jpg

1999年の写真
99.jpg

逆になっちゃってますね。
ラベル:Moss
posted by tetk at 22:23| Comment(12) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月17日

旧「TEPCOひかり」サービス終了に伴う回線変更その後

昨12月に旧「TEPCOひかり」サービス終了に伴うキャリア(回線)選びについて書きました。

その後いろいろ調べて、以下のことがわかりました。
@ 住んでいるマンションには、旧Bフレッツ回線と新しいフレッツ・ネクスト回線の両方が導入されている
A ネクスト回線につながっているVDSL収容装置(CUとかCOとか親機って言う機械)は、収容ポートがいっぱいで空きがない
B NTT東西が採用するかわからないけど、最新技術を採用したVDSL装置では、最大200Mbpsまで製品化されている

というわけでここで検討です。加入者線なんでNTT東日本は、顧客から加入契約を結びたいと言われたら、基本的に設備を増強しなければなりません。彼らとしても将来的に無くしたい旧Bフレッツよりもネクスト・サービスを拡販したい意向もあるわけです。それにBフレッツの地域IP網の混雑具合ときたらかなり悲惨ですから、わざわざそんな回線を使いたくもありません。
ただし追加の設備をマンションのMDFに設置するにあたり、工事申請を管理組合に出して作業しなければならないので時間がかかります。場合によってはDTIの期限である3月31日に間に合わない可能性もある。そこで次はDTIに確認。申請済みだけど開通作業の遅れのせいで移行できない人が停止期限の3月末を過ぎてもいる限り、継続して使えるとの回答です。

正直に言うと、天邪鬼の私としてはNTTというシェア1位のサービスを使いたくない。だけど代替のサービスが存在しない(KDDIやYahooの回線は遅い)んですよね。それで仕方なくフレッツ・ネクストにして、かつ、NTT東日本とDTIのPOI点(相互接続点)でBフレッツと違う収容装置で一人当たりの想定トラフィックの多いプレミア契約(DTIのサービス)をすることにしました。

1月下旬に申し込んだのですが、ノンキなNTTの加入受付担当から空きポートの確認もせず工事手順の説明連絡があり、こちらから「今現在空きが無いけどそんなに早く工事できるの?」と教えてあげたら、あわてて「確認してから再度連絡します」だって。で、ようやく空きが無いことがわかったらしく、増設手順の後に工事日程を詰めることになりました。

ここまでが先月の話。いまごろ加入者ダークファイバの空きを調査して手配して、それに合わせて増設工事の申請や手配をしているところでしょうね。
4月以降になるかもしれないけど、開通したら、しばらくの間はたった一人でマンションから収容局舎までの帯域を独り占めできるゾ。
posted by tetk at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月26日

LightHeart Gear -LightHeart Duo-

LightHeart Gear のサイトを覘いて見てビックリ。
私の写真が使われてました。ココ

で、私の持ってるモデルは「Solo」という名前に変わり、4月末頃から2人用「Duo」がリリースされるそうです。
duo side.JPG
詳しいことはサッパリわかりませんが、フロアが長方形で最大幅が Solo より少し狭くなり約145cm、長さ約260cm。全長が短くなってるから、寝転ぶと鼻先に生地が来てる感じになるかも。屋根部分が多分シングルウォールだから結露がちょっと気になるかな。ドアが2箇所で 2lb.(約900g)。Tarptent の Sublite の幅広版みたいな感じだけど、片側でいいからSubliteのように立ち上げて寝た時の圧迫感を軽減してくれるといいんだけど。

設営に必要な面積が Duo の方が Solo より小さくて済むから、Duo に斜めに一人で寝るのが一番いいかもしれない。

テントの写真見てたらどこかへ張りに行きたくなった(笑)
ラベル:テント LightHeart
posted by tetk at 22:05| Comment(6) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月11日

冬なのに

100111aonohara01.jpg
ここだけ異質な"幕フェチ3人衆"

peak1さんから「1月10-11日の1泊でキャンプへ行きませんか」とうれしいお誘いを受けて出掛けてきました。

当初予定の道志の森へ着くと、土曜からの宿泊組が昨夜の疲れを残しつつ撤収中。1月と思えないサイトの盛況ぶりに驚くし、さらに場所を移して連泊するとの話に2度驚きます。遅れて到着したpeak1さんと話して我々も少しは寒さの緩い青野原オートキャンプ場へ移動することに。

100111aonohara02.jpg
設営中

100111aonohara03.jpg
完成図

周りの光景は恐ろしくて写真を撮れません(笑) どー考えてもこの時期のキャンプ場と思えないテントと炎と煙の数・・・キャンプシーンも変わってきてるなあ(笑)。

100111aonohara04.jpg
夜も深けて

ダイ。さんがマネージする焚き火(キャンプファイアじゃありませんよ)で暖をとらせてもらい、ありがとうございました。時折あらわれて炎上させていく悪戯っ子ttaさん、Tarp Tent の Moment を見せていただきありがとうございました。都築さん、素直にCopper Spur ULにしとくとMSRより軽くて広めですよ。その他書ききれないお世話になった皆様、ありがとうございました。
そしてpeak1さん、今回もどうもありがとうございました。シェラにフライシートがブルー一色の時代があったの、知りませんでした。

100111aonohara05.jpg
夢の跡
ラベル:キャンプ
posted by tetk at 19:42| Comment(18) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月06日

2010年新コンテンツ

HPmossの部屋(資料室の方) に、新しいコンテンツを追加しました。コンテンツというよりただの資料なんですが、「こんなものもあったよねー」という軽い感覚でご覧いただければと思います。内容は雑誌広告のビジュアル集みたいなものです。

一気にアップしてしまうとそれっきりになってしまうんで、出し惜しみしながら小出しにさせてください(笑) それでも 10 個くらいしかネタを持ってないんで、すぐ終わっちゃいますね。もし moss の広告が掲載された各種雑誌などをお持ちでしたら、そのページのスキャンデータを送っていただけたら幸いでーす。
posted by tetk at 21:10| Comment(4) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月05日

知ってました?

swb.gif

正月休み中にネットを徘徊しているとき知ったのですが、シェラ・デザインズウォーラスを創業した Bob Swanson が、Big Agnes 社のテント・ライン・マネージャをしているそうですね。でも、ネタ元は 2005 年のニュース・リリースなので、今も在籍しているのかわかりませんけど。

そのリリース文で「テントにハブ・システムを取り込んだ人物」という紹介のされ方をしていて、BA 社製テントにハブ・システムが多く採用されていることを見ると、確かに彼の息のかかったテントなんだなと納得してしまいます。テントにしろマウンテンパーカにしろ、私って Bob の製品が好きなんだとつくづく思いました。
ラベル:ニュース
posted by tetk at 16:37| Comment(2) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月02日

賀正

あけましておめでとうございます。
旧年中はどうもありがとうございました。
今年もどうぞよろしくお願いします。

ここまで Blog 全盛になって、さらに facebook だの twitter だの新しいコミュニケーションツールが賑わってくると、旧態然とした HP を維持する気力も意味も萎えてきます。でも、自分にとっては過去の知識の蓄積なんですよねー。昔も書いたかもしれないけど「知識ベース」として残していこうかと思いますし、頻度は低くとも何かしら追加していければと思っております。例えば↓こんなのとか
1979_ad01preview.jpg
(画像にちょっとフィルタかけてます)

今年も懲りずにお付き合いいただければ幸いです。
posted by tetk at 22:42| Comment(14) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月23日

Jetboilのトップページに

何気に覘いた Jetboil のサイト、トップページで流れる Flash 画像に気になるものが!
jetboiltop.jpg

奥に見えるテントが LittleDipper なのはすぐわかりましたが、手前が Titan の気がするけど確信が持てず、彼らの Facebook を参照してようやくスッキリ。

moss のテントって、パタゴニアとかマーモットなど他社のカタログに登場することが多かったけど、今でも使われることがあるんだなあとちょっと感慨。
posted by tetk at 22:57| Comment(3) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月19日

チタンのアルコール・ストーブ

「チタン」と聞いただけで脈拍が速くなって体温が上がってしまう方々への情報です(笑)

来年からだと思いますが、チタン製のアルコール・ストーブがエバニューから発売されるみたいです。Trangia と同じオーソドックスなタイプみたいですね。
evernew-titan-01.jpg
本家トランギアより素材的に速く冷めてくれそう。予熱も少なくて済むのかな?

同時に超小型五徳セットも発売されるみたい。
evernew-titan-02.jpg
evernew-titan-03.jpg

使い方を見ると、チタンの穴開きお皿の上にクッカーを置くんですかね? それは効率的にどうなんだろ?

値段はストーブ単体/五徳がそれぞれ約 4,000 円。一式 8,000 円のアルコール・ストーブは高いなー。
posted by tetk at 22:03| Comment(5) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月14日

火遊びキャンプ

火遊びキャンプへ行こうと思っていたところへまたまた peak1 さんからお誘いいただいて、これ幸い渡りに船とばかりに出掛けてきました。

だらだらモード全開専用テント
09aone01.jpg
このテント、お尻しか撮らなくなってしまって早数年。ミスインターナショナル級のヒップです。女性のお尻を見つめたら張っ倒されるけど、コイツは文句を言いません。いくら見ても飽きないんだよなあ。

火遊び 1
09aone02.jpg
今回は"湯沸し教"の活動がメインです(笑) 1泊なのに 5L 近く沸かしたかも。

火遊び 2
09aone03.jpg
夜はアルコール・ストーブも楽しい。

火遊び 3
09aone04.jpg
灯りも精製オイル、白ガス、灯油と一人なのに3つも点灯。ハイ、馬鹿です。

夜更かしの朝
09aone05.jpg
夜露でぐっしょり。疲れてぐったり。"遊んだ感"満点のキャンプでした。

現地でお会いした皆様、どうもありがとうございました。
ラベル:キャンプ
posted by tetk at 12:32| Comment(18) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月08日

ついに旧「TEPCOひかり」サービス終了

旧「TEPCOひかり」サービスから現在の「KDDIひかりone」への契約変更をお願いされて断った話を以前書きました。多分旧 TEPCO ひかり・ユーザさんだと思うのですが、時々検索でその記事にアクセスされて来れれる方もいらっしゃるようです。

本日、KDDI から旧「TEPCOひかり」サービスの提供終了がアナウンスされました。来るべきものが来たという感じですね。その X デーは 2011年 9月30日、今から10ヶ月弱22ヶ月先の話です。半年1年以上の告知期間を設けているところは流石大手事業者ですね(良心的と言って良いと思います)。

しかし、利用中の ISP である DTI は、回線サービス終了より 6 ヶ月1年以上も早い 2010年 3月31日で旧「TEPCOひかり」回線を経由した接続サービスを終了するとのこと。総務省のガイドラインに対してギリギリの告知期間で、まったくなんてこったいという感じです。DTI としても、一日も早く POI (KDDIとの相互接続ポイント)設備を撤去して費用負担を減らしたいんでしょう。それと同時に、そもそも旧「TEPCOひかり」ユーザはパフォーマンスを重視して多少割高でも構わないという"美味しい上客"でもあるわけで、彼らを逃がさないで、かつ、高額なサービスへ繋ぎ止めておきたい意向もあるんだと思います。

DTI からの提案は、@NTT の NGN を使った新しいフレッツ・サービスへの移行と、ADTI での帯域制限を撤廃し固定 IP アドレスが割り当てられる「プラチナプラン(DTI のオプション)」への移行。
フレッツが最大 200Mbps だと言っても所詮 VDSL なんであまり意味ないし、DTI の速度制限(ISP業界内でも大きい)に引っ掛かるほどトラフィック出してないし、固定 IP は逆にセキュリティ問題の温床になりうるし、唯一他のDTIユーザとは別のバックボーンで外界へ出られるメリットくらいしかないかな。

さてどうしたもんだか、2 ヶ月くらい悩めそうです。
posted by tetk at 15:15| Comment(2) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月04日

コピー天国

Encore もどき
 商品名 rove.jpg (Rove:流浪という意味)
 価 格 850,000ウォン (約66,000円)

 商品名 rove2009.jpg (Rove:流浪という意味)
 価 格 930,000ウォン (約72,000円)


Outfitterwing もどき
 商品名 annecy.jpg (Annecy:アヌシーというフランスの都市の名)
 価 格 430,000ウォン (約33,000円)


"足さない美学"なんてどこ吹く風、考えられる装飾装備が満載で、そのうちオークションで「入手困難で高額なmossより実用的」なんて書いて売られたりしてね。

他にもユニフレームやスノーピークにそっくりな商品満載。ハングル読めないからGoogle翻訳を通してだけど、韓国内で特許申請したり実用新案登録したりして、自分の物にしてしまっているらしい。韓国って凄いなあ。だから尊敬できないんだよなあ。
ラベル:ニュース
posted by tetk at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月23日

「緩〜い空間」キャンプ

以前から何かとお世話になっている peak1 さんにお誘いいただいてキャンプへ出掛けてきました。

0911doshi01.jpg
peak1さんは、私もよくやる Heptawing と Stargazer の組み合わせ。自分はいつもフライに連結してしまうんですが、peak1さんの微妙にずらした設営方法もいいものですね。

0911doshi02.jpg
一方私は、一度は寝てみないことには語れないと思って LightHeart。無風で耐風性の確認ができませんでしたが、雨と結露でフライシートとメッシュが幅 20cm くらいに渡ってくっついてしまうことがわかりました(上写真でわかるかな?)。それでも室内へ水滴が落ちることも無く(程度問題ではありますが)、ダブルウォールの利点を享受。立膝も可能で脱ぎ着も楽。コンセプトどおりラグジュアリーな UL テントであることを再確認した次第。

今回の主装備
0911doshi03.jpg
車だと余計な物を持って行きがちなんでこんなもんかなあ・・・。

mitonchoさん、ttaさんダイ。さんを紹介いただき、寒夜に焚き火の暖を分けてもらいました。大人数のグループ・キャンプが苦手と言うより好きじゃないシャイな私(笑)にとって、5名という人数といいソロとグループの中間に位置する「ゆるーい関係」といい、寛げて楽しい空間でした。

お世話になりどうもありがとうございました。
ラベル:キャンプ
posted by tetk at 23:33| Comment(6) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Google+