2020年05月24日

Road to Super Penny Stove その 3

今回もまたボツかと頭をよぎりましたが、そこは諦めの悪い私ですから、思いついた案は全部やってみなけりゃ気が済まない。たとえ失敗でも、"この方法はコレコレこういう理由でダメ"という経験が蓄積されるはず・・・そう考えられなきゃ長くアルコールストーブの研究なんてやってられませんよ(笑)

そこでトライしたのが、ストーブの中心部でなく周辺部で気化をさせ、燃料タンクの気化ガスを副室へ送り込まずに圧抜き孔から逃がす、という動作バージョン。

road2sps06.jpg
この形の缶だとジェット炎の向きが横すぎるし、気化促進の仕組みをインストールするのが窮屈過ぎる。

road2sps07.jpg
これもジェットが横向き傾向。缶底を反転させ予熱用プールのために中心部だけ元に戻すという凝った細工をしたけど、それは蛇足だったかも。

road2sps08.jpg
太缶(直径66mm)とは気化の仕組みは異なるが、アイディア検証のために作ってみた細缶(直径53mm)バージョン。気化機構は太缶版の方が効果的。

着火はターボライターで 20 〜 30 秒炙ってやればOK。手持ちでも可能です。
road2sps11.jpg

燃料全体が沸騰する必要なく本燃焼が始まるので、火だるま予熱からは大幅に進歩したと思う。
road2sps12.jpg

圧抜き孔からの炎があるからペニーストーブのような"純トルネード"にはなっていないけど、バスタブ燃焼じゃない分かなりスッキリしたと思う。
road2sps10.jpg

もちろん低温下でもちゃんと本燃焼する。気化機能を組み込んだトップ外周部さえ高温なら機能するのだ。
road2sps09.jpg

加圧型アルコールストーブをカルデラコーンのような完全に覆ってしまう風防と決して組み合わせてはいけない。耐熱暴走性を確認するための実験の一コマ。ジェット炎も圧抜き孔の炎もかなり大きくなるが、何度実験しても暴走しなかった。かなり圧抜き孔が効いていることがわかった。
road2sps13.jpg

今回の2ヶ月に及ぶトライアンドエラーで、一歩、夢のスーパーペニーストーブへ近づけたかなと思う。ただし、現在の最高到達点ではあるが、タンク内の気化ガスを圧抜き孔から放出させるという、ある意味"逃げ"の方法であることも確か。何かブレークスルーが欲しいな。

もう一回くらいジェット炎を調整した"見栄え"バージョンを作るかもしれないけど、機構的な進歩バージョンは数年先か一生無いか・・・。とりあえず現在の最高到達点と思って見てください。
posted by tetk at 08:32| Comment(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月17日

Road to Super Penny Stove その 2

ペニーストーブのような単室加圧型はもちろんのことオープンタイプの副室加圧型でも、投入した燃料全体の温度が充分上がらないと気化が始まりません。だから本燃焼までの時間がかかるわけです。

燃料全体を沸騰させることなく気化をスタートさせる。例えば気化ターボみたいな仕組みを取り入れれば、立ち上がりはほんの少しだけ早くなります。まあ労多くして功少なし(立ち上がりに関してって意味ね)の範疇ですけどね。
さらにストーブ全体の温度が上昇すると、気化ターボは必要量以上の気化ガスを発生させる悪しき仕組みに逆転してしまいます。別に言い方をすれば、気化ターボは熱暴走促進装置になってしまうのです。

この辺りが密閉型での安定稼働と起動時間短縮―――すなわち容易な予熱―――との相反する課題点だと考えています。

いろんなサイズや形状の缶を眺めて取っ替え引っ替え組み合わせてみて、最初に思いついたのは上下2気室の構造にして、上側を気化室として使おうというものでした。

road2sps04.jpg
失敗だったアイディア

下気室の燃料をCFウィックで吸い上げ、上側の気化室で熱帰還ロッドに巻きつけます。ロッドの熱で気化させて上気室をガスで充満させようというアイディアでした。下気室で発生した圧力は、CFの隙間を経由して上気室から逃がせるかなと思ってたんです。

road2sps05.jpg
試作の一部(中部を作り変えて試験したりしてるから実際は2〜3倍)――全部失敗作

まあ見事に失敗でした。希望的観測よりずっと起動に時間がかかる。目論見より気化量が少ない。あまり役に立たなかった気化ターボみたいなもんでした。そのほかにも上気室の容積による変化や上下隔壁に開けたCF用穴径とCFサイズによる変化もありました。かなりクリティカル。作り方によっては過加熱時に気化しきれないアルコールが液体のままジェット孔から溢れ出てくるケースもあったんですよ。熱帰還ロッドがあるせいでまさに熱暴走促進装置でもありました。
posted by tetk at 10:28| Comment(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月27日

2019年最大の失敗作

今年膨大な時間と結構な費用をかけて製作し、結局うまく動作しなかった失敗作です。

AS00LFailed01.jpg

昨夏〜昨秋にかけてコイルジェットの小さいやつをやっていましたね。

JBWeldを使わないコイル/パイプジェット型アルコールストーブ
その1 背景 その2 実機編 その3 剛火力編 その4 ダブルコイル編

そのころからパーツの組み合わせ、構造、製作手順などの検討を始め、3月ごろからは部材の調達と各パーツの試作に入り、8月にようやく部材が揃って本製作を開始しました。

AS00LFailed02.jpg

もちろん火は点きますよ。しかし求めるような火力に程遠い・・・。
原因はわかっています(これは公開しませんよ)。解決策も2つほど思いつきましたが、実装と現場での操作性を考えると現実的でない。

平成から令和に跨る長い課題になりました(大袈裟!)。

新年が良き年になりますよう。1年間のご愛顧ありがとうございました。
posted by tetk at 05:31| Comment(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月13日

キャップのできるトルネード・ウィック/パイプ・ジェット・アルコール・ストーブ

2009年頃にウィック/パイプ・ジェットを初めて作りました。GYRO-TOP Alcohol StoveとかNO-PARKING Alcohol Stoveなんかです。ジェット噴出が始まる速さに感動したものです。

それが超凶暴な Tornado Wick Jet へ続いてデチューンした安定版のPetal stove へと至ります。さらにパイプを曲げない Hoop Stove を経由して、最終的にウィックまで廃した CHS が生まれました。

eCHS は、パイプ・ジェットの起動の速さを保ったままトルネード炎を得ようとしてあがいた結果ですね。

で、今回は CHS ファミリーの原点とも言えるウィック/パイプ・ジェットに立ち戻って、蓋付きで燃料を入れたまま持ち運べるトルネード・ジェットへ取り組みました。前にやった キャップ付き CHS の密閉性がイマイチだったこともあります。とはいえワタクシ的には蓋付きである必要性を何も感じていないのですが・・・。

前置きがすごく長くなってしまったのでとりあえず完成版を。


実はコレ、いろいろあったアイディアのプランDです。A〜C案はボツでした。ボツ案には何かしら新しいアイディアがあったんですけどねー・・・。結局、燃焼方式とかの技術上は完全トラディショナルなもので、何も新しいものはありません。

作り方はこんな感じ。


パイプの固定方法は見た目重視で作業性無視。例えばパイプ同士を細い針金で結わえてしまうとか、JBWeldで側壁に接着するとかの方が簡単です。でもそれじゃ格好悪いんで(笑)

それと使うパイプ径は、外径4mm内径3mmが下限です。ボツC1案で外径2mm内径1mmのキャピラリチューブでウィック無しにトライしたけど、パイプ内で発生する爆沸現象のせいで安定しませんでした。C2案で3mm/2mmへ太くしてウィック有りにしても、吸い上げ量不足で力強いジェットが得られにくいのとジェットの角度付が超難しく、再現性が悪いままでした。

キャップ付き CHS よりは密閉性と耐久性が向上していると思います。飲み口も少し焼けにくくなったし。

スチール缶の塗装を剥ぐとすぐ錆びるし、そのままじゃ見た目がアレなんで、アルミ缶が若干太いことを利用して化粧版を作成。それだけじゃつまらないからポットサポートも組み込んでみました。キャップの開閉がしやすいかなと思って、本体から少し離しています。この取り付け方は新しいかな。


ストーブ本体は真似て売っても構わないですよ。ポットサポートの取り付け方をパクるのはNGだけどね。
posted by tetk at 10:04| Comment(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月05日

JBWeldを使わないコイル/パイプジェット型アルコールストーブ その3 剛火力編

前回は、オートウェルドを使わずにコイルジェットを実現する、根本的な解決法を公開しました。でも一本足のシングル・ウィックだったので、私好みの強火じゃなかったんですよ。そこで二本足ダブル・ウィックへアップグレードです。

CoilJet_wo_JBweld2_1.jpg

製作のキモとなるパイプ。
CoilJet_wo_JBweld2_2.jpg
特殊な工具はネジを切るダイスだけだから、前作の一本足バージョンよりハードルは低いかも。前はタップまで必要だったしねえ。まあコイルを曲げ終わる前にネジを切らなきゃならないのが難しいかな。

もちろんパイプの固定にJB-Weld(オートウェルド)なんて使ってませんよ。
CoilJet_wo_JBweld2_3.jpg

いつオートウェルドがひび割れて炎が吹き上がるかビクビクする必要はありません。安心して、安全に、長〜く使えます。売って儲けたいならこれくらいはやって欲しいよね。


個人で作って使って楽しむ分にはいくらでも真似してOKですよ。
posted by tetk at 09:06| Comment(14) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月20日

JBWeldを使わないコイル/パイプジェット型アルコールストーブ その1 背景

ジェット炎を銅/真鍮パイプに当てる方式について、これまでも問題点を提起してきました。

昔のパイトーチのように丸めたパイプからジェットを噴出させる方法や、ブラストバーナーのようにタンクから噴出させたジェットをパイプで受ける方法などが含まれます。
failed01.jpg
パイプからジェットを噴出させる例

最大の問題点はパイプの固定および隙間の密閉に使われる接着剤にあります。有名なJBWeld(オートウェルド)の耐熱温度は300℃ですね。炎の温度は500〜1000℃くらいでしょうか。アルコール炎もバスタブやカーボンフェルトからただユラユラと上がる温度と、内圧をかけてジェット噴出させた温度が異なります。試しにアルミ素材(融解点は約660℃)を炎にかざしてみてください。溶け方で違いがわかると思います。

さて、アルミも溶ける700℃は超えていそうな場所からパイプ続きで2〜3cm離れた接着場所の温度を想像してみてください。軽く300℃は超えていそうですよね。ただしこの温度は周りからの輻射熱、燃料残量、ストーブ筐体のマスの大きさなどに大きく影響され、一定ではありません。もちろん内圧が上昇して噴出が強まれば温度も上がるわけです。ある特定環境での試験結果が、様々な環境や状況での結果と同じではありません。
failed03.jpg
タンクから噴出させる例1

以前も書きましたがブラストバーナー開発時に、JBWeldから始まって耐熱1200℃くらいまで一般に入手可能な接着剤を片っ端からテストしました。耐熱温度が上がると固定力(接着力)や強度が弱まる傾向があり、必要な耐熱と強度を両立するものがありませんでした。ちなみにJBWeldは炭化してひび割れて隙間からガスが漏れ出て引火します。(FREELIGHTは接着剤メーカーと協業して解決しているので念の為)
failed02.jpg
タンクから噴出させる例2

遅かれ早かれJB-Weldは ↓ こうなります。
failed04.jpg
焦げて割れてボロボロになったJB-Weld

まあ個人で作って楽しむ分には、特性を理解して気をつければいいし、寿命が来たら作り直して愉しめば良いと思いますよ。これぞDIYやMYOGの醍醐味ですからね。でも耐久性もなんとか持たせたいと考えますよね。耐熱1500℃とかで接着力が今と同じの「スーパーJBWeld」が出てこないかなあ(笑)

とまあ背景がかなり長くなりましたが、次回は私なりの一案を公開したいと思います。
posted by tetk at 06:13| Comment(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月25日

レガシィのバッテリー交換 −備忘録−

2年前の車検時に「そろそろ換えたほうがいい」と言われた。それからはバッテリーに負担をかけない使い方に徹して延命してきたんだけど、先日一回だけエンジンのかかりが悪いことがあった。上がってトラブル前に交換してしまおうとDIYで実施。ディーラーでやってもらう約1/3の費用で済んだ。

購入したのは Panasonic ブルーバッテリー caos 100D23L/C5。純正が 55D23L だから約1.8倍の容量になるらしい。通販で買うと製造から月日の経過した品物が届くことがあるらしいが、自分の場合はひと月経っていない新鮮な物が届いた。
battery_change01.jpg

作業はいたって簡単。手前2箇所のクリップを外し、奥のフックを外してカバーを取り去る。
battery_change02.jpg

端子をマイナス→プラスの順に外して、古いバッテリーを抜き取る。汚れが盛大に溜まったバッテリー用トレイをクリーニングしてから新しいバッテリーを載せる。プラス→マイナスの順に端子を取り付け、バッテリーを固定。
battery_change03.jpg

カバーを戻して作業完了。
battery_change04.jpg

6年使った純正バッテリーはユアサの日本製だった。ディーラーのサービスの人にも「当たりの個体だったかも」と言われていたけど、インジケータはまだ大丈夫と示していた。この辺は流石日本製ということなのかな。純正でも最近は6年持つなんてことはなくなってきてるそうだ。コストダウンと引き換えに寿命を削ってしまったという典型例かもしれないですねえ。
battery_change05.jpg

追記
単にバッテリーだけ交換すれば万事解決というわけではないことが判明した。交換直後からエンストを起こしやすいなあと感じていたのだが(ウチのレガシィはMTなんで)、これはバッテリー交換に起因する現象らしい。

レガシィも燃料噴射プログラムに学習機能があって、乗り手のクセや車の状態に合わせて最適化した燃料噴射をしている。学習した内容をバッテリーを取り外したことですっかり忘れてしまい、プログラム自身は自分が新車だと思って噴射制御する。しかし実車は年季の入ってきた状態で、頭と身体の実態が乖離してしまっているわけ。

対策はスロットルバルブ内に溜まった煤とか汚れを落として、新車に近い燃料噴射でも問題無いようにしてやる。ディーラーでバッテリー交換する時は、学習内容を外部記憶装置に保存してから付け替えて、再度記憶を戻してやる作業をするそうだ。ちなみにディーラーのメカニック氏は、駐車場から整備場へ移動する数10mで「ん?もしや」と気付いたそうだ・・・流石!
posted by tetk at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月26日

巾着田にて

近場の巾着田へ現実逃避・・・なんてね(笑)
IMGP0995-s.jpg

ファインメッシュ長者なんで無芸な焚き火スタンドを撮影しようと思ったのです。


もう平地のキャンプはオフシーズンだな・・日なたは暑いわ。
IMGP1054-s.jpg

次は晩秋かな。
IMGP1028-s.jpg
posted by tetk at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月26日

第5回 東日本応援キャンプ

4月18〜19日にかけて開催された第5回 東日本応援キャンプの模様をビデオにまとめました。

こんな笑顔が大きな支援につながるなんて素敵ですね。

動画に使用した写真データをご希望の方は、コメント欄に「何分何秒の写真希望」と書いてください。送信先のメールアドレスも忘れずに(公開されない設定ですからご心配なく)。
posted by tetk at 07:56| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月01日

2014年05月26日

第4回 東日本応援キャンプのビデオ

もうひと月以上経ってしまったけど、4月の応援キャンプの様子をyoutubeに公開しました。


撮った素材が少なくて現場を伝えきれてないですけど、楽しむことが支援につながっているというところを感じていただければ本望です。またこれに触発されていろんな地域でも広がるといいですね。

kaiさん 素材協力ありがとうございました。
SHCの皆様 内容確認をありがとうございました。
ラベル:焚き火 キャンプ
posted by tetk at 15:14| Comment(6) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月21日

第4回 東日本応援キャンプ

今年も SHC のナイスガイ達による七面六臂の働きと、心優しきレディース&ジェントルメンの心意気が結集した『東日本応援キャンプ』へ参加させていただきました。
IMGP1617-s.jpg

ginoさん、SGさん、mossを一緒に張ることができてうれしかったです。
kaiさん、ブーツ出しっ放しのストロングスタイル、ウケました。
みつ☆ひろ。さん、Kさん、雨から難民を救ってくれてありがとうございました。
フリマでチャリティにご協力いただいた皆様、ありがとうございました。
会場でご一緒させていただいた皆様、ありがとうございました。

知らない内に撮られていた一コマ(笑)
IMGP1664-s.jpg

追伸:
写真とビデオをつないで、今回のキャンプの様子を youtube で全世界配信(再生の9割が海外なんで)させていただこうと思ってます。もし写真/動画を使っても良いよという方がいらっしゃいましたら、tetk@lazily.netまで送っていただけたら幸いです。ご協力お願いします。
ラベル:キャンプ
posted by tetk at 17:25| Comment(9) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月18日

第四回 東日本応援キャンプ のお知らせ

今年も4月19〜20日にかけて、椿荘オートキャンプ場で『第四回 東日本応援キャンプ』が開催されます。

詳細はこちらをご覧ください → mitonchoさんのblog
                東日本応援キャンプ公式サイト
公式Twitterアカウント   → @ouenCAMP


ちょいと事情がありまして、参加できるか直前にならないとわかりません。行ける行けないに関わらず、easy CHS を何個か作ってフリマに出せるようにしておきます。あっ、もちろんこれの売り上げは全額寄付させていただきますよ。
supportcamp0001.jpg
とりあえず作り始めてます
posted by tetk at 21:24| Comment(2) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月16日

嬉しいお知らせです

CHS の動作原理を応用した『 RSR Stove 』が、RSRさんからリリースされます。


馴染みの薄い方が多いと思いますが、クラウドファンディングで初期投資額を調達してリリースしようと言う手法が採られます。その資金調達が行なわれるのは「 CAMPFIRE 」というサイト。皆さんは各プロジェクトのパトロンとして資金を提供 → リリースされた暁には約束された製品が手元に届く → 同時に「製品化の実現に手を貸した」という満足感が得られます。

RSR_campfire.jpg

日本発の新しいアルコール・ストーブを盛り上げていきましょう! プロジェクトの説明をよく読んでパトロンになってくださいね。
posted by tetk at 09:39| Comment(2) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月01日

今年もよろしくお願いします

visual13.jpg

昨年に引き続きマニアックに行きますヨ。どうぞよろしくお願いします。

上は家族の総力を結集した!?ビジュアルです
posted by tetk at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月29日

本年もありがとうございました

今年最後のブログ更新になります。

2013年も押し迫ってしまいました。私にとって今年最大のトピックは、長年の念願かなってJSBさんとMLVさんにお会いできたこと。日本の世界のトップランナーであるお二人と話す機会を得て、継続は力なりを信じてカメの歩みを止めちゃいけないと思いました。

2011年から試作し始めて翌年3月初公開となった Hoop Stove を、比較的作りやすい方式まで進化させることができた1年でした。作っているときは当面の目標にばかり目を奪われていましたが、出来上がったものを冷静に分析するととても理に叶った動作方式・原理であり、これ以上は無いのではないかと感じています。2014年はバリエーションを増やしていく作業がメインになるかも。その中で新しいアイディアが生まれてくるといいなと思います。

今年JSBさん作のFREVO Stoveがめでたくリリースされました。2014年はRSRさんのストーブ、さらにeBayショップでCHS-Uのコピー版がリリースされる予定です。CHSが世に広まる年になると嬉しいです。
sneak0001.jpg
恒例になった「Alcohol Stove of the Year 2013」ビデオの制作が遅れています。大賞は判ってしまっていると思いますけど、動画ファンの方、もう少し待ってくださいね。

本音はmossを持って山へ出かけたいんですけどね。今年一年のご愛顧をどうもありがとうございました。来年も変わらぬサポートをよろしくお願いします。
posted by tetk at 06:51| Comment(4) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月30日

レガシィのブレーキパッド交換

自分の備忘録。

間も無く9万4千km。一年前の車検で「パッドがもうすぐ1mmを切りますよ」と言われ、ディーラーやガソリンスタンドへ依頼すると数万円かかることもあって、延ばし延ばしになっていた。ようやく思い腰を上げてDIYで交換。実際交換してみたら、計8個の古いパッドで最も減っていたので2.5mm。うーん、自分の運転ならあと1年は乗れたな。スタンドの言葉を信じちゃいかん。

新しいパッドはWedsSports REVESPEC SC。メーカー廃盤らしく、amazonとかに掲載されていたものの入荷見込みが無いらしい・・・そんなモン載っけておくなよと思いつつ、少し高いPRIMESというパッドにするしかないかなあと諦めかけたとき、Yahoo!オークションで見かけて即購入。大汗を垂らしながら作業しましたよ(笑)

まずはブレーキフルードをテキトーに抜く。
breakflude.jpg
アルコールの燃料ボトル用に何本か買い置きがあった100ml容器で吸上げました。ほぼ一杯100mlくらい抜き、交換完了後に少し戻して最終的に約80ml抜き去ったことになりました。

リア側。ピストンのリセットは、メガネレンチをキャリパーの穴から差し込んでテコの原理でOK。
breakpadchange1.jpg

フロント側。取り外した古いパッドをピストンに押し当てて、やはりテコの原理でOK。
breakpadchange2.jpg
難儀したのはフロント内側用パッドの取り付け。キャリパー上側に付いているパッドを抑える金具が当たってすんなり入れられない。指じゃ無理だし、結局軍手を挟み込んで金具を広げて挿入したらOKでした。

breakpadchange3.jpg
ブレーキペダルを数回踏み込んでから、フルードの量を再チェック。MAXの線まで抜き取ってあったフルードを戻して作業は完了。低速で何度か効きのチェックをして異常なし。

実際に乗ってみて、ブレーキのフィーリングが純正パッドからかなり変わっていると感じます。まず踏み出しがソフト・・・つまり制動が弱い。踏み込めば踏み込んだだけ効いてくる感じ。トヨタ車みたいなカックンブレーキじゃないスバルがさらにソフトになってしまった。昔々友人のミニクーパーを借りたときに感じた「踏まなきゃ効いてこない」感覚を思い出しました(笑) さすがにパニックブレーキでABSを働かすような踏み方は試してないですけどね。

次は冬前にバッテリーだな。
posted by tetk at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月09日

XtremeMac SOMA BT

お見せできるようなストーブも無いし山へも行けてないので、たまには IT ネタ。
IMGP0410.JPG

PC を使いながら、あるいは工作をする横で、スマートフォンのワンセグやラジオ・アプリケーションをかけていることが多いです。しかし内蔵スピーカーは小さくてシャカシャカした音質はもちろんのこと音量も小さい。背面に付いてるからなおさら。さらに使用中のスマートフォンには microUSB 端子しか付いていません。

そこで Bluetooth 接続とワンセグ規格をサポートしている物ということで、しばらく前に目をつけていて最近販売価格が下がってきた XtremeMac SOMA BT を購入。海外製品だと SCMS-T (ワンセグ音声を飛ばす規格)準拠って少ないみたいなんですよねー。一々問い合わせるのも面倒だし、そもそも高音質を追求できるような耳を持っていないです。

内蔵スピーカーの音質に比べたら雲泥の差 ↑。音量も内蔵スピーカーより大きくできる。小さい音しか出せないアプリもあるからねえ。とりあえず満足。
posted by tetk at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月22日

第3回東日本応援キャンプに行ってきました

ouen.jpg
ハハハ、1年前に引き続き、今年も降りました・・・・・・もう笑うしかないですね。まあ雨の時間の方が圧倒的に長かったんですけど、オークション前半戦終了まで降り続き・・・傘を差してオークションかと思いきや会場へ行ってビックリ! 運営スタッフの皆さんの奇跡とも思える働きで巨大な屋根が設営され、座ってノンビリ参加させていただくことができました。あらかじめ想定もしていたんだろうし、実際の設営も大変だったんだろうなあ。

ホント凄い人たちです! しかもカッコ良くて可愛い!! 

オークションの一幕
2013EJ_camp.jpg

ナイスガイ&ナイスレディたち
2013EJ_camp2.jpg

私のフリマも少しは貢献できたかな。お買い求めいただいた皆さんどうもありがとうございました。もしなにか不具合がありましたらお気軽にメールをしてください。私のアルコールストーブはアフターフォロー付ですから(笑) こんなのあったらいいなとかご希望も添えてもらえるとありがたいです。次の開発テーマになりますので。

アドレス:tetk@lazily.net (@と.を半角に直してください)

お会いした皆さんどうもありがとうございました。
posted by tetk at 09:39| Comment(18) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月11日

これ出します2


ouen.jpg

第3回東日本応援キャンプで行なわれるチャリティオークションにコレ持って行きます。

BlackDiamond Stealth 35L
BD_Stealth.jpg
ブラックダイアモンドのステルスというバックパック。どちらかと言うと冬用ですね。アイスアックスが2本取り付けられるようになってます。

OMM トリオ・チェスト・ポーチ
OMM_FrontPouch.jpg
バックパックのショルダーストラップを利用して胸の前に取り付けるポーチです。地図を即見られるのがいいと思います。ここ参照してください。

OMM ボトルホルダー
OMM_bottleholder.jpg
バックパックのショルダーストラップに取り付けるボトルホルダーです。結局使わずじまい(笑) ボトルは含まれません。あっ、これは価格的にフリマですね。
posted by tetk at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Google+