2007年10月23日

S2 Superの作例 その1

s2s001.png

S2 Superと標準レンズのSuper-Multi-Coated TAKUMAR 1:1.8/55を組み合わせた作例。作例と言うのがはばかれるようなモノですいません。これを使い出してフィルム2本目、今年の2月か3月頃に撮ったものです。かれこれ10本くらい消費しましたが、1本に1枚それなりの写真があるかどうかという低確率。「ヘタな鉄砲も数打ちゃ当たる」を信じて実践中です。
posted by tetk at 22:59| Comment(4) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
1眼は動的被写体は難しいと聞きます・・・
躍動感・・・ありますよね〜
流石です!!

1本に1枚・・・こういうの、いいですよね。。

Posted by takapon at 2007年10月24日 21:58
takaponさん
この時は置きピンで何枚も撮って、唯一背中のマークにピントが合ってたんですよ。なかなか子供に残してあげられそうな写真って撮れないですね。
Posted by tetk at 2007年10月24日 23:08
わぁ〜良い写真ですね〜

ボーリング場のポスターにしたいです!

Posted by Drake at 2007年10月24日 23:54
Drakeさん おだてたって何も出ませんよ(笑)
何となくナンですが、子供の写真は目線がコッチを向いていない方が好きなんですよねー。
Posted by tetk at 2007年10月25日 20:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Google+