2007年10月16日

Pentax S2 Super

S2Super.gif

アサヒペンタックスのS2 Superという機種だと思います。
カメラを構えていた父の記憶では、いつもこのカメラでした。

引き取ってきた後何も整備/修理せずに使っていて、今年一番稼働率が高い。GWの春山にも持参。
中禅寺湖へキャンプに出かけたとき三脚と組み合わせて子供達を撮っていたら、やはり銀塩が好きという方に声をかけられ、その方はS2Sの写真を撮っていかれたこともありました(nikonだったかな)。やはりある程度の年代の方には郷愁を呼ぶカメラなんでしょうね。

子供達の写真を銀塩で残してやろうと思う時、AF一眼レフよりこっちを持ち出してしまいます。マウントアダプタをAF機に付ければレンズの共有ができるのに、何となくこっちの操作性の方が好きなんです。簡単一発点火のガスストーブよりプレヒートの必要な液体燃料ストーブを好きな感覚と相通じるものがあるような気がします。
posted by tetk at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自分の幼少の頃の写真、愛想の悪い
親父の撮ってくれた写真はやはり
モノクロでした。〜
記憶はモノクロで蘇るといわれますが、
銀塩=写真という感覚は、↑も理由の一つですかね?
銀塩写真アップ、楽しみにしてます。。
Posted by takapon at 2007年10月18日 00:06
takaponさん こんばんは
銀塩はHPやBlogと相性が悪いですね。わざわざスキャナで読み込んで、その時色調調整したり、サイズ調整したり、なかなか手がかかります。でも、そのために透過原稿対応スキャナを入手してるんで、近いうちに何枚かあげますね。

写真=銀塩 の感覚って、昭和の人間の感覚になっちゃうんでしょうね。平成生まれは間違いなく写真=デジカメor携帯の感覚なんじゃないですかねえ。
Posted by tetk at 2007年10月18日 23:12
本当に哀愁を感じるフォルムですね!

私もこんなカメラで写真を撮っている方を見かけたら、ついつい見入っちゃいます。

大事に末永く使いたいですね。

きっとお父様も喜んでいらっしゃいますよ!
Posted by Drake at 2007年10月23日 21:44
Drakeさん おかえりなさい
レンズもン10年前の物だからなのか、コントラスト低めで全体にソフトな感じがしてます。できあがった写真もまたノスタルジックな印象になりますね。
Posted by tetk at 2007年10月23日 23:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Google+