2018年04月03日

EASTONテントポールのショックコード交換

replace_easton_shockcord01.jpg

このスクリーンショットを見て「懐かしいなあ」と思ってくださる方は古くからのありがたいご贔屓さん。

HP開設から約 10 年、今から 7年前にコンテンツの大半を削除しました。それまで使ってた有料サーバの契約更改をしないタイミングでしたね。別の場所へ移して検索にかからないよう設定して、かつ、パスワードロックをしてますから、ごくごく親しい数人しか閲覧できません。このポリシーは変える気がないので悪しからずです。

先日、イーストン・テント・ポールのショックコードが伸び切って・・・という人を見かけました。補修方法がわからず途方に暮れている様子。それで古いコンテンツのリメイクをした次第。



イーストン製ポールの場合、ショックコードはティップ(石突き)に結ばれているのではなく、ジョイント用の細いパイプ・スリーブの外周に引っ掛かって止まるようになっています。一方DACポールはティップ(石突き)にショックコードを結ぶ方式です。

作業としては、最初にポールの中間点でショックコードを切ってしまいます。

スリーブは接着剤で固定されているだけ。一番端のポールのジョイント部を軽く炙ってペンチでジョイントを引き抜きます。弱火のトーチで5〜10秒炙れば充分です。またあまり強く挟みすぎるとスリーブが変形してしまうので注意しましょう。軽く掴んで引っ張ればジワジワ抜けてきます。

ティップも接着剤固定なので炙れば引き抜けますが、固さが桁違いでまったくダメな物もありました。ジョイント部を抜くほうがかなり楽でキズも付きにくいです。

EASTONポールでは必ず中間のどこかにジョイントが無いセクションがあります。抜いてバラバラになったポールは、順序が変わらないように注意しましょう。物にもよりますが、折りたたんだときに全セクションが均一になるようセクション長が調節されている場合があります。

さ、これでもう大丈夫でしょ!


posted by tetk at 11:02| Comment(2) | 道具系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
確かにEASTONポールの補修方法は、若い方や近年始めた方からよく聞かれますね。今時EASTON使っているメーカーなんて無いんでしょうね。最近はかまぼこ型のシェルターが欲しくて・・・
Posted by u-ichiro at 2018年05月12日 21:30
あのHPを消去後に入手した人たちも多いだろうね。だからなのか、使いこなすどころかメンテすらできないとか、金に物を言わせて外注しようとするとか・・・。moss愛が足らない人たちが増えてるように感じてる。それで商売してる連中もいるし、昔みたいに仲間で何とか解決していこうという気概が足りないよね。

ま、世間的には「mossのtetk」じゃなくて「アルコールストーブのtetk」だし(笑)、もうここを見る人もいなくなってるんじゃないかな。
Posted by tetk at 2018年05月13日 10:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

Google+