2016年12月17日

キャップ付き CHS アルコールストーブ

アルコールストーブと言えばトランギアをイメージするようで、時々「燃料を入れたまま持ち運びできるか?」という質問を受けるんですよ。まあ面倒なんでほとんど回答もしませんし、実際持ち運んでみると気圧差とかで絶対漏れるんです。今回作ったキャップ付きの CHS も、多分、きっと漏れます。

それでもまあ無いよりマシという気持ちで試してみてください。それとインナーにスチール製ボトル缶を使った影響で立ち上がりも遅くなってます。



こんなバリエーションも可能だよ〜ということで。
Happy DIY!

2016/12/29 追記
IMGP2361s.jpg
これ以上やらないと言いながら、やっぱり気になってた部分を改善。
IMGP2350s.jpg
トリプルウォール構造にしてインナー下端に短冊切りを追加。これで最後までちゃんと燃焼するようになった。3重壁のためにアウターは予め缶径を広げておく必要がありますよ。



ホントにこれで打ち止め。凄い面倒な工作だからもうやりたくない。製作数 3 個、内手元に残ってるのは 1 個(笑)
posted by tetk at 11:30| Comment(11) | TrackBack(0) |  アルコール沼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なるほど、面白いなぁ♪
強度も高まる利点も有るし
複雑化する難点もあり
悩みますわ (笑)
Posted by JSB at 2016年12月17日 11:40
いつも拝見してます!
それと、いつもeCHSを便利に使わせていただいています。

たしかトランギアも、アルコールを入れたままにするなって書いてありましたよね? かなり前なので忘れましたが。

でも、今回のものもとっても魅力的です。年末年始の休みにでもトライしてみようと思います。

最高のクリスマスプレゼントをありがとうございます。
Posted by tanchan at 2016年12月18日 17:19
jsbさん まあバリエーションの一つですよ。底が平らな缶があれば最後まで燃焼させられるんですけどね。
Posted by tetk at 2016年12月19日 06:35
tanchanさん 私自身が蓋付きに懐疑的なんで、これ以上の探究はやらないと思います。是非お気に入りを完成させてください。
Posted by tetk at 2016年12月19日 06:39
はじめまして
ポッカのプレミアムゴールドの缶を見ていて1センチくらい曲面、3ミリくらい直線で構成された断面だったのでクリース入れなくても平面部分で燃料吸い上げるんじゃないかとクリースなしで
アルミ缶の底を逆曲面にするの大変なので細缶の底に太缶の底を接着して外周に燃料が流れるようにして作ってみましたが上手く立ち上がりました(強度的には問題ありそうですが)

缶の底にのの字を書くように2ミリのアルミ線を這わせ、缶中央で曲げて上に行きその先に小さい輪っかを作って熱が燃料に伝わりやすくしたところ立ち上げ時間も短縮できました
Posted by commie at 2016年12月22日 19:49
commieさん こんにちは
バリエーションの拡大に寄与いただいてありがとうございます。底部処理はすばらしいアイディアですね。

おっしゃる通り今のスチール缶はアルミ缶より細いので、クリースなしでもそのまま挿入可能です。
気化過多時に、クリースをガスが逆流してタンク内に戻るブローバック路を確保する目的と、塗料が焼け焦げて隙間が詰まっていくのを防ぐ目的があって、私はクリースを設けました。

また底部処理についてですが、以前はアルミ缶と同じ太さのスチール缶もあったんですが、これもいつの間にかなくなってしまいました。これが残っていれば底処理も簡単だったんですけどね。
Posted by tetk at 2016年12月23日 06:15
こんにちは YouTubeの動画からこちらへ参りました
(まだ作成には至っておりません)
チャンネル登録して全ての動画を拝見致しました所、
つくづく私の愛用しているピー缶がアルコールストーブにマッチしているのではないかと思い至りました。
ジェット孔を開けるだけでひょっとして完成?
ただ、内側に入れるクリースのアイディアに詰まっています。
ご意見頂けると幸いです。
Posted by 軍師 at 2017年03月10日 09:51
軍師さん こんにちは
ピー缶って缶ピースの缶のことですか?

ピース缶がどんな形なのか詳しく知らないので最適な方式の想像がつきませんが、基本的にはどんな燃焼方式でどんなタイプのアルコールストーブにするかで変わってくると思います。

きっとスチール製ですよね? アルミより熱伝導率が低いから温まりにくく(加圧系だと本燃焼まで時間がかかる)、熱くなると逆に冷えにくいから気化が更に進む(バスタブタイプだとそこからの炎が大きくなる)と思われます。焼けてサビも出やすくなって見た目が劣化しやすいし・・・。鉄の丈夫さを活かすなら、低加圧タイプのポット直載せタイプかなあ。

もうちょっと具体的にどんなストーブを目論んでおられるのか教えていただけませんか?
Posted by tetk at 2017年03月10日 10:57
おお、早速の回答有難う御座います。
そうですタバコのピースの缶詰です。

easy Capillary Hoop Alcohol Stoveを拝見し、Capillary Hoop Stove Universalの縁の折り返しを加えて作成致しました(^-^)
数々の参考動画、有難う御座います。

さて、ピー缶ですが・・・スチールです
材質やらは何も考えておらず蓋を開けて中身を出すと何もせずにそのまんま開放型のアルコールストーブに見えるんです。
穴開けて内筒さえ入れてやればCHSになると・・・
目論みは大容量長時間燃焼ストーブです。
純正消火蓋付ですし
燃焼効率を考えるとCHS型ですし、そうするとクリースが必要だけれどもどうやって作ってどうやって入れるのかが浮かんでこないのです。

今年も311が近づいて来るな〜と考えていたら非常用にはベストかなと。
Posted by 軍師 at 2017年03月12日 11:30
軍師さん
率直に申し上げて、あの缶はCHS系に向かないと思います。
一番の理由は大きな直径。直径53mmの細缶でも大食いなのに、それがさらに広くなるわけですから。開口直径を40mm未満にしたほうが良いですよ。

それとCHSは燃焼効率と言うか、燃焼時間は総じて短めですよ。だから高火力になるんですけどね。
Posted by tetk at 2017年03月13日 11:21
単純に大口径大容量にすれば火力が上がって長時間になると思ったんですが・・・甘かったかぁ
ともあれご親切にアドバイス有難う御座いました。
Posted by 軍師 at 2017年03月13日 16:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444965503
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
Google+