2007年05月03日

木曽駒ケ岳 2007-05-03

nishikoma01.jpg

5/1午後から飯田市の実家へ顔を出し、5/3に帰京途中で中央アルプスの駒ケ岳へ登ってきた。ちなみに地元民は皆「西駒」と呼びます。
6時12分のバスに間に合うように5時過ぎに家を出る。30分程度で菅ノ台の駐車場へ到着。その時はまだかなり空いていたけど続々と県外ナンバーの車たちがやってくる。人数が多かったようで臨時バスが6時に出て、ロープウェイも1番乗りで並ばずに済んでラッキー。やはりこれだけ早い時間だと大半が登山客ですね。

08:00頃の千畳敷
nishikoma02.jpg
登山届けを出し、危険地帯の説明を受けて外に出る。いい天気だ。
先頭の人たちが乗越浄土への急登に差し掛かる頃に出発。カールを歩いているときは強烈な照り返しで暑い。

乗越浄土から伊那前岳方面
nishikoma03.jpg
朝のうちは雪も硬くアイゼンも良く効いてくれた。斜度45度を超える斜面の直登はキツイけど、登りきった乗越浄土はとても気持ちが良い。

宝剣山荘裏から見る宝剣岳と天狗岩
nishikoma04.jpg
宝剣岳山頂直下にアイザイレンしたクライマーがいます。
ここからは広い尾根道を360度の展望を堪能しながら中岳へ。

中岳から見た木曽駒ケ岳
nishikoma05.jpg

中岳から見た宝剣岳
nishikoma06.jpg

中岳から西駒への下りはどこを歩いてもいい感じ。北斜面なので硬く締まっている。ところどころ岩が顔を出しているので滑落しないように慎重に下る。木曽駒への登り返しは一枚バーンみたいで、最後の急斜面を登りきるとそこは広い山頂だった。

木曽駒ケ岳山頂から見た宝剣岳方面
nishikoma07.jpg
毎年この時期に登られてるという方の話では、今年の残雪量は多いらしい。お社も屋根が見えるだけでほとんど雪の下。

コレのために登ってきた?
nishikoma08.jpg
一昨日の瑞牆山でできなかった「山頂の一杯」を南アや御岳の景色を肴に堪能。
西駒からの下り半分はシリセード。超ー気持ちいい。

中岳への登り返し
nishikoma09.jpg

中岳にて
nishikoma10.jpg
スキーを担ぎ上げて来た人がいて少し話す。スキーも気持ち良さそうだね。中岳からの下りは再びシリセード。

乗越浄土からの下りは雪が気温でくさっていてとても怖い。他の人以上の時間をかけて慎重に下る。下りであんなに息が上がるとは思わなかった。危険地帯を抜けたらカールまでみたびシリセード。

12:00にホテル千畳敷に到着。4時間余りの雪山堪能でした。

おまけ
tengu.jpg
ラベル:登山 中ア
posted by tetk at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 山行系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Google+