2014年03月06日

CHS-Large アルコール・ストーブ

CHS-U 構造を 350ml の太缶で作った。今さらやった理由は、これまで基本構造で試したことが無かったから。まあ細缶みたいな性能が出ないこともわかってたし、どうにも気分が乗らなかったんですよ。


 最大 60cc
 起動 10 秒未満 @ 60cc
 燃焼 11 分 10 秒 @ 60cc ・・・ なんちゅう大食い(笑)

うーん・・・やっぱりと言うかココまでしかならないか・・・。起動を考えて開口を大きくするとバスタブの無駄燃えが増えて、燃費と炎姿がよろしくない。立ち上がりに10秒以上かかるような鈍足ストーブじゃCHSの名が廃るしなあ。
ちなみに 0.7mm X 9 ジェット、18 クリース、開口径 55mm で、起動に不利なボトル珈琲缶を使っています。
posted by tetk at 14:52| Comment(2) | TrackBack(0) |  アルコール沼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
FREVO 65 では、噴出開始まで約3秒、給湯 2分50秒

hoopの改善を繰り返して、ここまで辿り着きました
200ml 給湯を、FL550ポット、21℃、無風、
ゴトクは、90mm高さ、13ml メタノール使用
爆沸騰は有りませんが、炎リフトは残量が
僅かな時に発生します。ゴォォー♪ と(笑)

FREVO 53mmでは、噴出開始 約2秒
FREVO 47mmでは、噴出開始 約1.5秒
たぶん、噴出燃焼アルストの世界最速レコードでしょう
400ml給湯も、こなせています(爆)
重さは、 5gです、37mm高さぐらい
Posted by JSB at 2014年04月10日 21:22
JSBさん
こちらビデオ用に作ったきり、太缶は追いかけていないです。
細缶よりバランスを良くすることができないですしねえ。
燃焼開始後にバスタブから蒸発して燃焼するのを抑えようと、開口直径より少し小さな蓋(噴出直後だとジェットが止まるので)を浮かべてみたりしましたが、効果がほとんどありませんでした。

太缶だと組み込み型五徳の時に安定性が増すメリットがあるので、それを活かした構造を時々考えてますが・・・モチベーション低くて前進しません。
Posted by tetk at 2014年04月11日 18:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Google+