2014年02月10日

CHS-U 用のシマーリング

Capillary Hoop Stove-Universal : CHS-U 用のシマーリングです。



チムニー型アルコール・ストーブのような通気を制御して(コレとか)、ジェットから出る炎そのものを変化させようと試してきました。しかし調整幅が小さい結果しかどうしても得られない。フープの内圧はかなり高いわけですが、その圧力を可変しようと言うのはかなり難しいです。CHSって動作的に分離型液燃ストーブと同じなんですよ。

とりあえず安直なソリューションですが、こうすりゃCHSの苦手な弱火も可能だよという一例です。
ポイント@:CHS-Jだと隙間だらけになるフランジ部の小さな缶を使用
ポイントA:ジェット孔を塞いでいない

無負荷時のデータで、燃焼時間が倍近くまで延長されます。ちなみに半分の4穴だけカバーしようとしたバージョンはうまく機能しないしアルミがメルトしました。
posted by tetk at 22:14| Comment(2) | TrackBack(0) |  アルコール沼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おー待ってました火力調節。毎回アイデアが楽し。何かコンセプトが一貫してるようなトコも好き。
五徳で火力調節するより,消費燃料が抑えられるってのもいいですね。
tetkoba型を作ってもう9台目となりました。モンスター缶は入手が難しいので,もっぱらビール缶で作成しておりますがね。
Posted by efro191 at 2014年02月16日 11:42
efro191さん
ハハハ、残念なんですけどこれは逃げの一手なんです。

次は五徳高のデータを採ってみるつもり。で、ファインメッシュの中を滑らせて上下させるバージョンに至る予定です。
Posted by tetk at 2014年02月16日 21:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/387996694
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
Google+