2012年03月16日

Hoop Stove(輪っかストーブ)その 3 −Double-Decker−

輪っかストーブの過激バージョン。二階建て仕様にして、下段ジェットが上段フープをかすめて噴き上げ、剛火力を得ようと狙ったものです。


前回の試験でフープを加熱するとジェットが強力になることがわかりました。そこでチムニー穴に頼らず、ジェットだけで剛火を目指そうとしたんですよ。過去のスタッカブル・ストーブのアイディアや、フープを浮かすアイディアが活きました。暴力的な炎にならず「剛火力」とは行きませんでしたが、いいい感じで燃焼しています。ちなみに下段 6 ジェット、上段 9 ジェット、3 レッグの CF ウィック(パイプ内のみ)です。

AutoWeld の耐熱温度を超えてますね。もちろんこれは単なる試みで実用性が無いことなんて百も承知。爆走ストーブを作らずにおられない性なんで(笑)ようやく満足。強烈バージョンはこれくらいにします。
posted by tetk at 21:02| Comment(2) | TrackBack(0) |  アルコール沼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは〜!

中が見たくて!上から覗き込みすぎて?

きっと、前髪を燃やしてしまいそうです!笑!

Posted by gino at 2012年03月16日 21:50
ginoさん
そこまで高く燃え上がりませんよ(笑)
何種類か作ったけど、1号機が一番きれいです。
やっぱり原案のペタルに近いからでしょうか値。
Posted by tetk at 2012年03月16日 22:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Google+