2012年03月12日

Hoop Stove(輪っかストーブ)その 2

その 1 をパワーアップすべく、輪っかの組立て順序を変えて、フープ内までウィックを詰めたバージョンをトライ。ウィックもスチールウールに替えました(CFだと生燃料噴出暴走の恐れアリ)。
hoop_stove_2_01.jpg

結果は敗退。熱帰還というよりスチールウールの吸い上げ力が不足していると思われます。さらに立ち上がりが 5〜10 秒ほど悪化しました。

このまま廃棄じゃ悔しいので、胴体に通気穴を 4 個開けてチムニー燃焼を追加。
hoop_stove_2_03.jpg

するとフープ加熱が促進して力強い燃焼になりました。
hoop_stove_2_02.jpg
前作(1号機)、2号機(失敗作)と2号機改の比較写真

考察
● スチールウールの吸い上げ力はカーボンフェルトに比べて劣る
● 吸い上げ不足はパイプへの加熱でカバー可能
● Petal Stove よりパイプ経由の熱帰還が少ない構造

あてにならない予想
● 細缶で 3 レッグ 3 ホール(通気穴)9 ジェットくらいが着地点か?
  ただし通気穴の分さらに背が高くなる。
● 太缶 4-4-12 で作るのが実用的か?
  ウィックをどっちにするか悩ましい。

ホントはコレ、第3弾になるはずだった・・・。
チムニー通気を使わず剛火力を得るべくトライが続きます。
posted by tetk at 20:56| Comment(13) | TrackBack(0) |  アルコール沼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
炎って?なんで?こんなに?美しいのですかね?笑!

メシも食わないで!オプ00の、セッティングに没頭しました!

多少!火傷もしております!笑!

やっと、納得のいくレベルになりました!笑!

tetkさんの、トライ&エラーを、ちょっとだけ!気分だけでも!
Posted by gino at 2012年03月13日 00:23
ginoさん
ピントもちゃんと合ってないし、当てる光の具合も毎回違うし、恥ずかしいです。これでも2年前より少しはマシになったんですよ・・・。

トライ&エラーの自由度なら、市販品より自作品の方が断然高いですよー(笑) それが沼の原因でもあります!
Posted by tetk at 2012年03月13日 00:41
CFでも、詰め込みすぎたら、、、、気化不足になりました
何事も、程々があるようです(苦笑)

JSBの、2517stove
想像してみてください
ゴトク高さは、わずかに 17mm!
その隙間に、4mmパイプを2回転半も ぐるぐる巻き
びゅーちふる じゃないし、性能もダメでした(痛)
熱帰還量が、狐火から一気に、山火事みたいになってしまう

高さ:ワンフィンガーのストーブ。しばし 休戦状態に

逆に、水平回転で、空気を強制的に吹き込むと
どえらい火力になることに気づきました。ガラス職人の匠の技
 ちょいと、試してみます。
イギリス製のWOOD STOVE にも有りましたよね(爆
Posted by 沼の底から、ゾンビ JSB(笑) at 2012年03月13日 01:20
気化作用をさせるパイプ、長さと配置と炎の流れ具合との関係
実に微妙ですね。短く、小さく、低く作るほど
その帰還量が神経質になるようです。
Posted by JSB at 2012年03月13日 01:24
JSBさん
CFをキツめに詰め込むのって、RINGOストーブで圧抜け防止策にしていたことを思い出しました。確かにウィックとして作用させるなら緩めで充分ですね。

低く作るのは超難しい! ご苦労お察しいたします。私は逆行して背高バージョンに取り組んでます。実用性無視の過激版となってくれるか?
Posted by tetk at 2012年03月13日 20:52
>チムニー通気を使わず,,,

そこで、提案です。hoop にパイプが下向きに
刺さっています。その考え方でいくと
http://boiler.shichihuku.com/lesson/lesson.html
  炉筒煙管ボイラーみたいなもの、と考えます


新たに 5mmパイプを、hoopに突き通す!
上下に貫く、空洞の形で数本設置したら
hoopの中心を炎が突き抜けます!!加熱はマジで強い
ボイラーで言うなら、煙管式です
この特徴は、熱効率が高いこと。
但し、作るのは難しい(爆)

ほかの種類では、水管式があります
Posted by JSB at 2012年03月14日 23:59
別送メールの、炎管(煙管が正式名でしょうが、笑)

hoopに、数本を突き通す仕組みの追加を提案します

炎と hoopとの、接触面積を増やすTipsのひとつ
要するに、hoopを強く加熱したい気持ちです
Posted by JSB at 2012年03月15日 00:57
JSBさん
メール&提案ありがとうございます。

垂直に立てるだけだとちょっと弱いかなと言うのが過去の経験です。立てたパイプの先端を内側へちょっと曲げて、受熱しやすくしてやった方がいいかもしれません。
Posted by tetk at 2012年03月15日 20:14
>立てたパイプの先端を内側へ

了解です

、炎の熱いのは,
なんといっても 中心部分ですものね
Posted by JSB at 2012年03月15日 23:42
JSBさん
昨年末の失敗作
https://twitter.com/#!/tetkoba/status/152913099555471360/photo/1
これをパイプ切ったり、ウィック抜いたり、上を密閉してジェットにしたりして試しました。いずれも弱かったという結果でした。

Hoop Stove・・・開けるジェットのうち1個を真横噴射にして自分を熱する、あるいは内炎ジェットを缶外側の斜めの部分に開けて(多分炎は真上に噴上げる)炎が缶をかすめるようにすれば簡単に解決できる気がしてきました。複雑なこと考えすぎだったかな。
Posted by tetk at 2012年03月16日 00:38
第二号機、再度の改善お願い

二番目の右側の写真、内側の気化パイプが見えています
このパイプの接着した所に近く、トルネードジェット穴を
開けたら、その穴から結構、噴射出来ると思います。
もしも自己バイアスで、リングの下側の加熱が上手く出来たら
、吸気穴をアルミフォイルで塞いでチムニーを封印可能!

リアルトルネード・HOOPストーブ
 の完成に近づきそうですよ
すべてのjetが、規則正しく水平面になくても良いはず
加圧チャンバーを、すばやく効率良く加熱することが重要な点
この貴重なモデルこそ、その改善に向いています
もやっと燃え上がる炎と、噴射では、8倍ほどの差がある
Posted by JSB at 2012年03月19日 20:24
追記です、ジェットの向きについて

まさか  内側方向へ、穴は開けないと思いますが(笑)

L型に曲げた針先で、65mm本体のラジアル方向に
アルミパイプに穴を開けてみて欲しい

いわば、隠れジェットが、トップリングを
焦熱地獄にするTipsです。これで一気に復活するはず!
Posted by JSB at 2012年03月19日 20:33
JSBさん
「なるほど!」って思って追記いただく前に開けちゃいました。
フープ直撃だとオートウェルドが焼けてしまうと思い、斜め上へ向けて。

結果・・・NGでした。酸欠が原因なのか炎も確認できず・・・。

通気孔作戦で、これを開閉することで火力調整式にしようかと思ってます。ポットを直接置けば最弱にもなるし。
Posted by tetk at 2012年03月19日 21:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Google+