2012年03月07日

Petal Stove II 555(ファイズ)

ペプシのミニ缶から作った「Petal Stove 555」。仮面ライダー555を真似て「ファイズ」と呼ぼう!
petalstoveII_555_01.jpg
動作は至って良好・・・5-10-5 パターンよりジェントルできれいなトルネード。燃料消費率も良い。このサイズだと 4mmΦパイプを使った方がいいかも。

想像通りの燃焼だったんで遊びでポットサポートを追加。
petalstoveII_555_03.jpg
petalstoveII_555_02.jpg

ボトムの凹み(接地する所)を活用するため缶を反転挿入せず正置。下の凹み部分へパイプ下端を突っ込むと、最後までジェットから炎が出続けます(これちょっとしたtips)。ポットサポートの取り付けは、ストーブを完成させてから胴体に穴を開ければ OK。パイプ最上部から五徳までの距離を 25〜30mm くらいにすると効率が良かったですね。

燃料: 40cc
高さ: 65mm(ストーブ本体40mm)
重量: 32g

燃焼時間:
 無負荷時:約16分
 ポット有:約15分

給湯時間(400ml@13℃):
 点火から:  6分15秒
 最大火力から:5分50秒

無負荷/ポットを載せた燃焼時間、点火からと最大火力になってからの給湯時間、いずれも差が少ない安定した燃焼をしてます。

パイプ・・・そろそろ飽きた(笑)
posted by tetk at 19:52| Comment(10) | TrackBack(0) |  アルコール沼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ここのところの試行錯誤が凄いですね。
ワクワクしながら見ています。

最後まで吸い上げてくれるんでしょうかね。
結び目同様、綺麗な配置には綺麗な炎でしょうか。
Posted by kai at 2012年03月07日 23:20
kaiさん
ペタルストーブとしては性格も掴んだし、だいたい目論み通りに燃やすことができるようになりました。
いま取り組んでいるのは仮称「Halo Stove」。Petalからの派生というか発展系です。うまく作れるかな?
Posted by tetk at 2012年03月08日 00:06
省みれば、もう半年も新しい仕組みのストーブに
引きずり込んできた反省が、JSBにもあります(苦笑)

もうじき桜が咲く春です、
さぁ!ハンモックキャンプしましょ!

揺ら揺らと、足元の定まらない
あの不安定な、空中ソフトハウスは 堪んない魅力

ps
JSBは、今のシリーズ物のアンカーとして
約30mm全高ブツを、イッパツ仕掛けています
世界初の分離式ウイックジェット火器になるかも(爆)
Posted by JSB at 2012年03月08日 00:12
JSBさん
昨年10月にTWJを始めて半年。ようやく正体がわかってきました。
なかなか一足飛びで完成しないものですね(笑)

パイプと言う自由度が高い素材を組み合わせることで、可能性が無限大=とても一人じゃ追い切れないですよ。

私はもう少し延長線上で、だけどパイプを曲げる必要の無い形を追っかけてみます。
Posted by tetk at 2012年03月08日 00:31
ゴトク付きTWJ機種については、鍋下10mmでの熱帰還量で
ジェットの噴出具合がかなり左右されるようです。逆にTOPに
SUS線などを巻き付けて、蓄熱効果を挙げたら燃料タンクを
炙らなくても、吹いてくれるんじゃないかなぁ?と
皮算用をしています。タンクが熱くなけりゃさらに低く作れる
可能性も沸いてくる(笑)もちろんチタンドーナッツリングは
必須ですよ(爆)

 遮熱円盤付き&ゴトク付きの,言わばコミコミでの新機種を
重点的に開発してみます。全高30mm以下で作れたら
コップの下におく、コースターのような気持ちで
  ポットを安心して乗せられる、ほろ酔いでも(爆)
Posted by JSB at 2012年03月09日 02:10
私は缶の底の反転が上手くできなかったので、ボトムのくぼみにポールが行くように固定用スペーサーを工夫して行ってました。上手く反転させられなかったのが、良い結果につながったのですね(笑)
petal stoveシリーズはとにかく最高!!
すばらしい!!
Posted by takapon at 2012年03月09日 10:34
JSBさん
超薄型ストーブって、なんかIH調理器やスマホの充電パッドのイメージがあります。そのうち化石燃料を持ち歩くんじゃなくて、超軽量バッテリーと調理パッドが主流になったりして(夢)。長期遠征でもバックパックにソーラーパネル付ければOKみたいな・・・それはそれでつまらない・・・。
Posted by tetk at 2012年03月09日 20:23
takaponさん
作品見ました! 着々と独自進化を遂げてますね!!

缶底反転は初期のTWJでやっただけで、ペタルじゃ廃止してました。
特に666以降、無い方がいいですね。そこに気付かれるとは流石!

私もパイプを曲げないタイプを試作中。1号機が想像してたより良かったです。同時進行だった2号機をどうしようかなあ。
Posted by tetk at 2012年03月09日 20:24
YouTubeでこのストーブを見つけておたくのブログにたどりつきました。カタチといい性能といい素晴らしい!自分でも作ってみたいです。
製品かする予定とかないんですか?
Posted by 徳永政文 at 2012年09月06日 23:17
徳永さん はじめまして
Petal Stoveは今となっては過渡期の作品で、より低燃費、より美しく、より安定した燃焼をするHoop Stoveが最新作です。
Hoop Stoveなら今後も気が向けば作ってオークションに出すこともあるかと思います。

昨日もアメリカからオファーを貰ったんですけど、量産出来ないんで断りました。何気に凄い手間がかかるんですよ。

自作されるなら、最大限のサポートをさせてもらいますね。
Posted by tetk at 2012年09月07日 05:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Google+