2011年09月09日

Primus TiTech Pot 0.6L

PrimusTiTech01.jpg

以前PRIMUS先取り情報の中で、TiTech Potを取り上げました。アルミ版 AluTech はイワタニプリムスでも販売開始されましたね。しかしチタン版は未発売のまま。本国価格が高過ぎるから輸入されないのでしょうか? ちなみに US 価格で $72、UK 価格で£40。化粧箱に入っているところは高級品チックです(笑)。
リーズナブルな0.6L前後のチタンポットならTibetanがありました。ところが今まで購入できたショップから消えてしまい、FREELIGHTカルデラコーンとセットで買うしかなくなってしまったのかなと思います。Primus なら多くの通販サイトで扱われてるので入手が楽ですね。

PrimusTiTech02.jpg

本題のPrimus TiTech Pot 0.6Lですが、とても良いサイズ感です。550mlサイズより1cm深く、2カップ(400ml)沸かすのにちょうど良いサイズと言えます。550mlだとギリかなという感じが払拭されました。容量の目盛りが刻まれている点も親切ですね。さらにハンドルが長く使える形状なので、炎に炙られにくくなって使い勝手が良いです。惜しむらくは、ハンドル素材がチタンじゃないことですかね。ここで重量的にかなり損をしています。

PrimusTiTech06.jpg

ポットの底、スタッフバッグとフタの作りを見ると、同じ工場で作らせている気がします。made in chinaですし。大資本のPRIMUSが仕様を出して外注工場として使っているのかな?

恒例の(笑)重さ比較
フタ。5gの違いって個体差にしては大きい。
PrimusTiTech03.jpg

ポット本体。容量増とステンハンドルで損してるのに差が小さい!
PrimusTiTech04.jpg

セット。この差なら Primus でいいかな。
PrimusTiTech05.jpg
ラベル:クッカー
posted by tetk at 21:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 道具系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
はじめまして。

TETKさんの知識と探究心にいつも感嘆しながら拝読しています。
また、自作されているアルコールストーブの完成度の高さに感服しています。
doo氏から実物を見せてもらいましたが実用性は勿論のこと
デザインやシルエットのディティールに驚きでした。

今回取り上げられたミニコッヘルは当方も愛用しているのですが
まさしく2カップ沸かすのには絶妙のサイズで待ち望んでいた形状でした。
実際、シビアな環境で 550ml と 600ml のその僅差がストレスでしたので
その点に触れられているのが嬉しかったりしています。また、目盛りの件も
然り。さすがTETKさんだなと思わず書き込みさせていただきました。

これからも自作品を含む記事を楽しみにしています★
Posted by B.J at 2011年09月20日 11:21
B.Jさん はじめまして
satodoo123さんとお知り合いなんですか! どうぞよろしくです。

自分と同じ感想を持っている方がいらっしゃるとなんかホッとします(笑)
これ絶妙なサイズなかなか良いですよね。
為替レートが円高な内にもう一個買っておこうか悩んでます(笑)

アルコール・ストーブに関してはyoutubeがメインでたくさん載せてますよー。
Posted by tetk at 2011年09月20日 20:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Google+