2011年02月12日

Petzl TIKKA XP2 CORE

ヘッドライトは Petzl TIKKA XP をメインに使ってきました。照射性能に不満は無いものの、現場で気付くバッテリー低下は如何ともし難い。帰宅後すぐチェック/交換してれば済む話なんだけど・・・なかなかね。予備電池の補充を忘れていることもあるし、珍しく前夜に気付いた時に限って自宅在庫切れとか・・・ハイ怠惰な自分が悪い事は重々承知してます。

キャンプ場なり登山口へ車を走らせている間に充電できてしまえばOKじゃないか!・・・と考えてペツルの最新作−CORE−を購入しました。バッテリー単品でも販売されてますが、対応機種を持っていないのでセット品を選択。TIKKA XPの後継に当たるTIKKA XP2とCOREのバンドル・パッケージです。
tikkaxp2core_01.jpg

米国版ですがAC充電器は日本でも使えます。取説に日本語が含まれているので、国内販売も近々始まるんじゃないでしょうか。OS by Petzlの日本語化待ちなのかな。最近の円高状況を考えると、Petzlって内外価格差が大きいですね。
tikkaxp2core_02.jpg

tikkaxp2core_04.jpg

PCからはもちろんのことAC-USB充電器やシガーライターUSB充電器からでもOK。この辺の周辺機器の充実はスマートフォンのおかげですね(まだ持ってないけど)。コネクタはmicro Bでした。
メーカーによると充電300回で乾電池900本分に相当。1/3の100回でも充分元が取れる計算だけどそんなに使うだろうか・・・(笑) コストだけならエネループかもしれないけど、3本入る単4USB充電器が見当たらないです。さらに容量も900mAhになるからエネループの750mAhよりいいのかなと。
tikkaxp2core_08.jpg

照度をPCから調整できるのがCOREバッテリーの特徴。キャンプなら最大照度を絞って長時間利用できるようにしたり、夜間行動なら明るめに設定して安全性を高めたり。
osbycore_05.jpg
(ソフトウェアについては後日)

もちろんこれまでどおり単4電池駆動も可能です。
tikkaxp2core_05.jpg

XPからXP2になってさらに明るくなってたんですね。旧XPでも不満ありませんでしたから照度を落として使おうと思いますが、電池をケチることなく充電を繰り返した方が製品コンセプトに合っているかも。ブースト・モードが廃止されたのはちょっと寂しいけど、Midiumが無いのは気にならないですね。ボタンも大きくなって押しやすくなりました。
tikkaxp2core_07.jpg

新旧比較
TIKKA XPTIKKA XP2
動作モード白色Boost
High
Medium
Low
Blink
High
Low
Blink
赤色-Red
Red blink
重量94g88g
83g (CORE)
防水IPX4 (生活防水)
ホイッスル-Yes
(IPX4:防沫形:あらゆる方向からの飛沫による有害な影響がない)

posted by tetk at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 道具系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
車の中で充電できるって嬉しいですね。
日本のメーカーからこんな発想を出して欲しかった!

私は、たんまりエネループを買い込んでいるので乾電池派
ですが・・・容量が多いのには魅かれますね〜
Posted by Diro at 2011年02月13日 23:58
Diroさん
幸か不幸かエネループを持っていなかったのですんなり手を出せました。

これからはUSB充電が主流になるんじゃないでしょうか?
先日のBoiLiteでも充電できるし♪
Posted by tetk at 2011年02月14日 20:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Google+