2011年01月18日

Bollard Oil Lamp −ボラード・オイルランプ−

Bollard_04.jpg

デンマークの Skagerak という、モダンだけど温かみの感じられる製品がたくさん並ぶ家具ブランドが作るオイルランプです。

Bollard_01.jpg


テーブル・ランプなら選り取りみどりだけど屋内用で風対策ができていない・・・ずいぶん長いことトッププレート付を探していたんですよ。結局自作に走ったりもしてたんですが、ようやく見つけた素敵なランプ。"Bollard"とは港にある船を繋留するための杭。チークの木目とグラスのボーダーがその雰囲気を盛り上げます。

Bollard_02.jpg


5.5mm 丸芯を使う光はキャンドル2本分くらい。オイル90ccで8時間くらい燃焼。想像していたよりかなり大きいですね。トッププレートとハンドルの隙間にベルモント(Belmont)のチタンカップ(小)が入ります(保温にかなり有効)。

Bollard_03.jpg

メーカーサイトでは69ポンド/79ユーロ/850NOKという値段。私はイギリスのお店から購入しました。送料込みで約6300円。日本で買う1/3くらいで入手できます。発注から発送まで約1週間、日本へ届くまで3週間でした。

炎のゆらぎに加え姿かたちまで柔らかく温かみがあり、一人か二人で静かな夜を過ごすのに素敵なランプだと思います。私じゃ徹底的に似合わないけど、紳士がテーブルに置いて本を読んでいる姿なんて映画のワンシーンみたいですね。


【2016年2月14日追記】
ビデオを制作したのでご覧ください。

posted by tetk at 08:25| Comment(8) | TrackBack(0) | 道具系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
是非私の何もないテーブルに灯したい
オイルランタンです(笑)
酒しか飲みませんが^^

びびっと来ました!
Posted by takapon at 2011年01月18日 12:47
ブツのデザイン性とその機能美まで見つけ出すその感性・・・

そういう 「病原菌」 を植え付けてイタダキタイ・・・(笑)

Posted by rikuren at 2011年01月18日 13:37
こんばんは!

木の質感とマッチして、とても温かみのある
素敵なランプですね。実物を拝見してみたいです。

デンマーク家具と言えば…
フィン・ユールとかウェグナーが思い浮かびましたが
サイトを覗いてみるとbyerのスラットラウンジャー
みたいな椅子もあるんですね。
大変興味深いので、日本に代理店があったら嬉しいです(笑)
Posted by 蕎麦処 at 2011年01月18日 20:47
takaponさん
沖縄のビーチに似合いそうですねー。
そうすると缶ビールじゃなくてグラスでワインですか?(笑)
Posted by tetk at 2011年01月18日 20:55
rikurenさん
人が使ってない珍しいものが好きなだけですよ。
MYOGなんてその極致ですもんねー。
Posted by tetk at 2011年01月18日 21:00
蕎麦処さん
ウッドってやっぱり落ち着きますね。

日本でも扱っている所はあるみたいですけど、その値段じゃガッカリの荒い品質でした。買うなら断然個人輸入がお薦めです。私はサンドペーパーをかけてオイルを塗り足しましたよ。
Posted by tetk at 2011年01月18日 21:13
一番驚いたのは・・・
良くこんなモノを探し出しますよね!
tetkさんの良いモノを探す嗅覚は素晴らしい!

一つ言える事は、日本人ではなかなかデザイン出来ない代物であると言う事です。

実物を見たいです。
Posted by Diro at 2011年01月20日 16:38
Diroさん
数奇者の本領発揮でしょ(笑)

日本のろくろ職人さんなら100倍繊細できれいな物が作れそう・・・でも雑把な仕上げに異邦文化を感じてしまうんですよねー。木の節が嫌な人の美的センスじゃ完全アウトでしょうけど、個性満点なところも気に入ってます。
Posted by tetk at 2011年01月20日 19:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/179764012
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
Google+