2006年04月23日

甲武信岳

初めての奥秩父の山『甲武信岳』へ行ってきた。

国道140号で雁坂トンネルを抜けたところの駐車場に停車。さすがに時期が早いのか4-5台しか停まっていなかった。
IMG_1810s.JPG

そこから戸渡尾根の登山口まで一般車両通行止めの道を約20分。
IMG_1813s.JPG

立派な看板をやり過ごしさらに数分で徳ちゃん新道の登山口に着く。
IMG_1814s.JPG

徳ちゃん新道はいい登山道だと思う。かなり急坂だけど、人工的に作られた階段とか、うるさいほど立てられている案内板みたいなものが無い。「60分」と書かれた看板から15分アルバイトしてまた「60分」なんていう看板があるとガッカリしちゃうしね。帰路に戸渡尾根コースを歩いたけど、こっちの方がやっぱりお勧め。

戸渡尾根コースと徳ちゃん新道の合流点(1869m)から少し登ると雪と氷が出てくる。標高2000mを越えたあたりでアイゼンを装着。
IMG_1819s.JPG

それにしてもキツイ登り! 残雪だから夏より楽なんだろうけど、もういっぱいいっぱい。ちょっとでも開けた場所があると写真にかこつけて小休止を繰り返しながら進む。でも土曜は見晴らしが良かった。
IMG_1821s.JPG
IMG_1822s.JPG

で、ようやく木賊山へ到着。標識がこんなに埋もれてる。
IMG_1825s.JPG

木賊山を越えると目の前に甲武信岳が迫ってくる。なかなか綺麗な形をした山なんだね。これを見た瞬間に先の三宝山まで行く気は失せ、甲武信岳で充分だと思った。
IMG_1828s.JPG

甲武信小屋の管理人さんは、21日の金曜に入ってGWに向けた小屋開きの準備を始めたところだそう。小屋の周りの積雪は1m以上残っていたけど平年並みとのことです。
IMG_1847s.JPG

スコップを借りてテントを設営してから山頂へ向かう。富士山はもちろんのこと、南ア、八ヶ岳(スキー場までクッキリ)、北ア、噴煙を上げる浅間山や千曲川源流部を見下ろすすばらしい眺望を堪能。↓画像クリックで拡大されます。写真ではハッキリ伝わらないのが残念だけど、やっぱり自分の目で見なきゃね。
kobushi.gif

本日の宿泊先。前に誰かが除雪して泊まった跡を、長いStardomeに合わせて拡張して設営。狭いOutlandに比べて超快適。重さを我慢して持ってきた甲斐があるってもんです。23日日曜は雨の予報が出ていたけど幸いに降雨無し。瞬間的に雪が舞っただけで済みました。多分最低気温はマイナス数度だったかな。
IMG_1846s.JPG

湿ったままのテントやシュラフを撤収後、やはり幕営だった方と下山。軽アイゼンを付けているとはいえ、滑ったら一発で谷底とか良くても骨折−即遭難−という箇所もあるので慎重に下る。ご一緒した方は自分より少しだけ年上だと思うけど、年間40日以上は山へ入っているそうで、その速さったら凄い。お待たせしてすいませんでした。

往きが徳ちゃん新道だったので、復路は戸渡尾根コースを選択。ヌク沢までの厳しい下りったらかなり辛い。徐々に弱って踏ん張りが利き難くなるのを感じながら歩く。上りでは使いたくないな。
IMG_1851s.JPG

ヌク沢を越えるとあとはかなり楽。基本的には昔の軌道沿いに進むんだけど、ところどころ線路の下が全部崩壊してレールが宙ぶらりんになっているところや埋もれているところがある。自然の力に人間が屈した標本? 何枚か写真を撮ったけど保存されていなかった・・・。
IMG_1852s.JPG

6:30AMに甲武信小屋を出発して11:30AM頃駐車場に帰着。割と軽い気持ちで甲武信岳に行ったけど、こんなに厳しいコースだとは想像してなかった。次に行くときはモウキ平から入ろう。
ラベル:登山 奥秩父
posted by tetk at 17:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 山行系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ずいぶん雪あるんですね!おどろきました!
かなり難儀なコースだったようで、お疲れさまでした。
きっと一緒に行ってたら足ひっぱってましたね^^
しかし、山頂の眺望が恵まれたのはうらやましいです。

スタードームを持ち上げたんですね、すごい体力。
でもその労力に見合った快適な空間が確かにありますよね。
Posted by nishi at 2006年04月24日 22:00
いやいや雲取の気分で行きましたが、急登の連続で苦しみました。牛歩戦術並みに遅いんですから、当日同じコースから入った全員に抜かされてると思いますよ。帰宅後、即、軽いテントを探してたくらいです(笑)

でも、誰もいない頂上を独り占めできる快感は替えがたい幸せですね。
Posted by tetk at 2006年04月24日 23:11
記事を参考にさせてもらい、同じルートを廻ってきました。
雪の無いコノ時期ですけど。
本当は翌日"破風〜雁坂峠"を予定していましたが、夜中から朝の雨で心が折れました。
三年前の記事にコメントを寄せるのはナンですが、
戸渡(近丸)コースでの下山ルート、ヌク沢を越えた先の細砂利道がイヤな感じで崩れていました。
夏休みに突入。まさかお子さん達とは行かないと思いますが、
tetkさんの記事とある意味同じく、"徳チャン"を薦めます。
Posted by おおの at 2009年07月24日 02:11
おおのさん
破風〜雁坂峠は気持ち良さそうなルートに見えますよね。私もこの時下りで通りたいと思ってましたが、残雪も多いしトレースも皆無だったのでやめました。もっとも体力的にも無理でしたけど。
Posted by tetk at 2009年07月24日 20:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Google+