2010年08月29日

高さ調整式折り畳みテーブル案は失敗作

fa_table_idea_04.jpg

♪でっきるっかな?でっきるっかな?・・・と始めたのはいいけれど、スリット加工でギブアップ。当初計画では4段階可変を目論んでいたものの、ノミでスリットを彫るのがこんなに大変だとは思ってもみませんでした。で、2段階に省略してとりあえず検証。

地べた向きローポジションは 135mm、ラウンジャー向きハイポジションは 180mm の高さです。


出っ張りが気になります。高さ調整を無しにすればツライチも可能なんでしょうけど・・・。それと厚さ5.5mmのシナベニアじゃ蝶番固定が弱いですね。薄く収納したくてベニアを使いましたが、やはり10mm以上無いと厳しい。このままじゃ悔しいので、厚みを増して、かつ、出っ張り皆無のタイプを作ります。

・・・つづく
ラベル:自作 テーブル
posted by tetk at 17:08| Comment(4) | TrackBack(0) | 道具系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様です。

ちょっとご無沙汰です。
これいいですね!

GOLazilyで販売はされないんですか?
小さいテーブル探しているんですが、なかなか良いモノが無くて、アルミの無機質のものよりも、木製の物がよくて。

販売開始する時は教えて下さい。
Posted by 91 at 2010年08月31日 17:03
91さん
これは次のキャンプで焚き木になること決定。
素敵なテーブルなら蕎麦処さんのところが参考になりますよ。
Posted by tetk at 2010年08月31日 21:29
ここまで、作られたのに焚き木ですか。まるで陶芸家が出来栄えの気に入らない作品を地面に打ち付けるような、思い切りですね(笑)。
僕からみれば、素晴らしいと思いますが・・
Posted by yone at 2010年09月02日 17:42
yoneさん
これ、上からちょっと力を加えたらネジが飛んだんです。
次のはもうちょっとマシになってると思いますよ。
Posted by tetk at 2010年09月02日 19:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Google+