2010年02月13日

冶具

ただいま耐火パテの乾燥待ち・・・につき暇です。
やること無いので冶具を紹介。

空缶を切るときに使っているもの
jigu1.jpg
テキトーな木片にP型カッターの刃を木ネジで留めただけ。
手前 最近これの出番が多い。面取りしてオイルフニッシュしてやった。
真中 細缶の時はこれ。350ml缶だとちょっと容量が少ないかな。
奥  超薄型ストーブにはこれだけど、薄すぎて実用性に欠ける作品になります。

パイトーチ型のコイルを巻くときに使っているもの
jigu2.jpg
9.5mmのステンパイプをバイスで挟んだだけの簡易版。この先たくさん作るなら、パイプを木で挟んで横ズレしないような冶具に発展させる必要があるかな。
posted by tetk at 20:30| Comment(2) | TrackBack(0) |  アルコール沼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これは量産可能な冶具ですね!

ここまでやると、そろそろ商品化?

楽しみですね〜

Posted by Drake at 2010年02月15日 15:20
Drakeさん
ハイ、アルミ缶の方は量産してます。
大半が試作でまともなものがあまりありませんが。

商品化できるくらいの仕上がりを目指したいですね!
Posted by tetk at 2010年02月15日 21:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/141036379
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
Google+