2009年12月05日

試作機  開放型とジェットの競演 2 【駐禁ストーブ】

次はアルミパイプを「コの字型」に曲げ水平に 2 本置いて、さらにオープンバスの燃焼を減らす目的で開口面積を小さくしてみた。進入禁止?駐車禁止?マークみたいな様子なんで、【駐禁ストーブ】と命名(笑)。

al-nopark01.jpg
al-nopark02.jpg
上面はツライチにして収納性を考えたつもり。

開口面が小さくなった結果、20cc のアルコールでポット無し 10 分 30 秒、載せると約 11 分で誤差の範囲。開口面積を小さくしたことで上を塞がれる影響を受けにくくなったようです。ただし開口面の小ささは着火直後の熱量が少ないようで、本燃焼まで少しだけ時間がかかります。


太目のパイプ 1 本で済ませた方が簡単だったかも。これもそのうちやってみよう。
posted by tetk at 19:35| Comment(2) | TrackBack(0) |  アルコール沼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
tetkさんお疲れ様です!

いいっすね駐禁ストーブ(笑)
作るのは難しそうですが・・。

そしてテーブル大丈夫ですか?少し焦げましたね(笑)
Posted by 91 at 2009年12月06日 21:23
91さん
難しくないけど面倒な部類ですねえ。
下は板切れで、シリコンチューブを被せる以前の五徳とか、minibullの五徳で焼けた跡です。ストーブ自身で焼けることはまず無いですよ。
Posted by tetk at 2009年12月06日 22:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/134752528
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
Google+