2009年11月05日

Clamcleat Mini Line-Loc

2-3 年前から Starlet のガイラインを 2mm 径に落として使っています。一般的には 3mm が多いんでしょうけど(moss 純正も黒の 3mm ですね)、ソロや特に UL 系テントに 3mm だと太すぎてオーバースペックに感じるんですよ。UL 系シェルターも 2mm が標準的なラインみたいですしね。今年購入した UL テントの Big Agnes にも 2mm 径が添付されていていました。

そんなに思惑通りコトは運ばないでしょうけど、強風に煽られた時、ガイラインが切れて幕体が破れない方がいいななんてことも考えてたんですよね。3mm 径で張っていた Stardome のフライシートの縫い目が切れてしまった経験もあったので。

それで個人的経験による個人的見解は、2人用以下のテントには 2mm 径で充分というものです。
まあ直径が細くなると視認性が悪くなってて引っ掛かるなんていう考え方もあるんでしょうけど、私としてはガイラインは見えない方が好きでわざわざ黒いラインを選んでるくらいなので。

ラインが細くなると"自在"(ライン・テンショナー)との摩擦係数が低くなって緩みやすくなります。moss 純正の自在じゃ使えないことは無いけど「大丈夫?」と思うくらい穴が大きい感じ。一方 Big Agnes の FlyCreek UL に付属してきた自在はチャチすぎて細すぎて操作性が悪い。

moss純正だったラインテンショナー
mossjizai.jpg

Big Agnesのラインテンショナー
ba_cleat.jpg

何かいい自在が無いかと探してたんですけど、ヨット用クリートを各種製造しているメーカーから、テント用自在が出ていることを知りました(ネタ元は BackpackingLight)。Clamcleats Ltd という UK の会社の、 LINE-LOK Tent Cleat CL266 - Mini Line-Lok という製品です。日本だと Hiker's Depot さんにありました。ヨット用品店では太いタイプしか扱っていないようですね。
miniline-loc.jpg

まだ使い始めたばかりですが緩みはありません。「くの字型」自在と違う操作性は慣れればまったく問題ないかなと思います。自在の体積が大きくなるけど許容範囲で無問題。2mm 径は Mini、3mm 径には CL260-Line-Lok(ヨット用品店にあるかも)が適合するようです。
posted by tetk at 22:13| Comment(10) | TrackBack(0) | 道具系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ごぶさたしております。
私も先日三角自在を購入したばかりです。
まだ現場使用しておりませんので何とも言えませんが、
くの字に慣れているとちょっと抵抗が・・・。
気に入らなかったら2mmくの字を自作しようかなぁ。
Posted by ちん at 2009年11月06日 06:08
ちんさん
操作に最初は戸惑いました。
慣れるかどうかがが分かれ目かもしれませんね。
私は当分これを使い続けてみます。
Posted by tetk at 2009年11月06日 07:49
BAの自在をみて
最初は使い方がわからずと惑いました(笑)
ご紹介の自在良さそうですね〜
ピンっと張っても、ラインがねじれにくそうです。
Posted by takapon at 2009年11月06日 09:59
実は、私も随分前に同等のくの字?自在を使ってみた事があります。

確かに、緩む事は無かったのですが、MOSSには似合わないなぁ〜と思い、何処かに仕舞ってあると思います。

探してみようっと。

・・・私が買ったのは真っ黒なモデルでした。
Posted by Drake at 2009年11月06日 10:26
takaponさん
ですよねーBAは。ハシゴ状のところがすぐ折れちゃいそうだし。
こいつはちょっとやそっとじゃ壊れそうにないですよ。
Posted by tetk at 2009年11月06日 19:50
Drakeさん
実は2mmダイニーマ・ロープの黒も探してみたんですが見つけられませんでした。1.5mmの黒に白の斑点ならあるんですけどねー。小型テントなら1.5mmでも充分じゃないかと思い始めてます。
Posted by tetk at 2009年11月06日 19:54
こんにちは
私の持っているスノーピークのテントにこの三角のやつがついてました。
どうしても慣れずにテントをはる度にイライラしておりました。
そのうち、このテントそのものの出番が減ったので交換するところまでには至っていませんが、ちょっとコツがいりますね。
張るときはともかく、途中でテンションを調整しようとするときが面倒だった気がします。
Posted by llc at 2009年11月08日 22:36
llcさん
すっごい久しぶりにスノピのサイトへ行きました。三角プラ自在っていうヤツですよね? 商品紹介ページの写真、使い方がまちがってると思うのですが・・・。あれだと固定しにくいんじゃないですかねえ。
Posted by tetk at 2009年11月08日 23:45
ありゃりゃ、確かに通しかたが違いますね。
http://www.snowpeak.co.jp/catalog/products/detail/151
私は購入時のまま使っていましたから、スノピの写真のようになっていたと思います。
Tetkさんの写真でいうと結び目のある穴がクセもので、スノピのやり方でテンションかけるとラインをがっちり噛んで動かなくなるんです。調整するには、噛んだところを外すわけですが、テンションはかかっているし、もう片方も効いているんで簡単にはいかないという状況で、出来の悪い自在だなと思ってました。
使い方が悪かったとは・・・
Tetkさんのようにやると随分使いやすくなると思います。
Posted by llc at 2009年11月09日 02:29
自分とこで売ってる道具の使い方も知らないなんて、とても素晴らしい会社ですね。
スノピ以外から探せば、使途の目的がハッキリしていてコンセプトやデザインが尖った先鋭的な道具が見つかると思いますよ。
Posted by tetk at 2009年11月09日 10:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/131935400
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
Google+