2009年11月09日

LightHeart Gear -THE LIGHTHEART TENT-

lightheart.jpg

hiroshi さん(last-chance-gearさん)のサイトで本邦初紹介されていたライトハートのシェルターがどうにも気になって取り寄せました。
LightHeart01.jpg

詳細などは HP の方へまとめましたので参照いただくとして、やっぱりガレージ・メーカーの人と話す(辞書ツールフル活用のメールですよ)のは楽しいですね。デザインした人/縫った人と直接やりとりできるんですから。
こっちから「あーした方がいいんじゃない?」とか「こーした方がいいんじゃない?」とか勝手な事を言っても、そうしなかった理由を教えてくれたり賛同してくれたり。マスプロメーカーの一方通行と違う双方向性が魅力でもありますよね。そんなやり取りの中で絶対譲らないもの(ポリシー)が見えてきたりして、自分の信じるモノだけを作るんだという姿勢が素敵です。客の言うこと聞き過ぎてどっちつかずの半端な製品になっているところとは違います。

LightHeart02.jpg

LightHeart08.jpg

LightHeart09.jpg

オプションでいくつかのカラーも選択できます。2009年10月現在ではOrange、Navy Blue、Jade Green、Purple、Royal Blue がオーダー可能だそうです。カラーサンプルを尋ねたらこのサイトを紹介してくれました。

付属品はインストラクション(A5サイズの紙ペラ)、3mm 径で 45cm の引き綱 2 本、SilNET だけです。ステークもフットプリントもありません。これらを追加すると Fly Creek UL1 と大差なくなってしまうんですよね・・・。

このテント、Judy さんという女性がデザイン/製造してるんですよ。彼女の本職はドレス・メーカー。趣味のトレッキングが高じて自分が欲しいと思うシェルターを作ってしまったそうです。ちなみに我が家では『おばさんのテント』と呼んでいます(笑)。
ラベル:LightHeart テント
posted by tetk at 20:14| Comment(10) | TrackBack(0) | 道具系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とてもマニアック!
女性の発案だけあって、他のテントと一線を引いてますね。セクシーというか、ドレッシーというか。
縫製にもかなりの拘りがあるのでしょうね。
Posted by takapon at 2009年11月10日 10:01
コレ使ったら、後戻りできないかも?です。

以前、ガルーダでもトレッキングポールで立ち上げる軽量テントがありましたが、それは天井がズリ下がってきてストレスを感じた事がありました。

これは、構造上問題無さそうですね!

う〜ん、魅力的なテント!
Posted by Drake at 2009年11月10日 13:13
takaponさん
女性がデザインした割には直線的なカッコ良さがありますね。mossの曲線とは対称的です。縫製はマスプロメーカーにかないませんよ。
Posted by tetk at 2009年11月10日 16:00
Drakeさん
それってJAVELINAですか? カテナリーカーブはありませんけど、基本的な構造や考え方は同じですね。
シングルウォールや床無しまで踏み切れない私には無難なテントだと思います。
Posted by tetk at 2009年11月10日 16:19
ありがとうございます。

シェルターの記事、読ませて頂きました。

女性がデザインしたんですか、驚きましたねカチッとしたデザインなので・・・

しかし私は単純にデザインに惹かれ購入しましたが、背景及び、製作者の考えが良く解かって、改めて好きになりました。

自分の好きな物、欲しい物を作り人に喜んでもらえるのは最高ですね、うらやましいです。
Posted by hiroshi at 2009年11月11日 00:47
hiroshiさん
脱出カプセルに似ているというの、わかっていただけたでしょうか(笑) そのイメージも強くてグレーにしたんです。すいません SF マニアなもので・・・。
Posted by tetk at 2009年11月11日 17:27
ステルス攻撃機もイメージしてしまいます。ほんと通常のドームテントとは一線画すエッジの効いたデザインですね。
Posted by yone at 2009年11月14日 16:01
mossの柔らかい外観、比類なき剛性感、落ち着くフロアとサイドウォールの配色はとても素晴らしいものですが 今回はかなりベクトルが変わられたようですね。 ポールの径や接続なども含め強風下での設営を経験されたら是非教えていただけますか?
Posted by boke at 2009年11月14日 18:24
yoneさん
久しぶりにカクカクしたシルエットのテントで、昔の三角テントを思い出しました。トレッキングポール2本タイプが今後の潮流になるかもです。
Posted by tetk at 2009年11月14日 23:23
bokeさん
和食ばかりでなくたまには洋食という感じの、息抜きみたいなもんですかね。

ポールはトレッキングポールを130cmくらいに伸ばしてセットするんですよ。だからポール自体はかなり丈夫なんだと思います。問題は縫い目の強度でしょうね。
Posted by tetk at 2009年11月14日 23:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Google+