2008年07月13日

神流川 C&R

早く川で振ってみたくて出掛けてきました。C&R区間なら少しは魚も残っているかなと淡い期待を抱いて神流川へ。

上野村役場前で1尾目。まあまあの20cm強。これだけ幅のある川だと獲り込むのもスリリングですね。
kanna01.jpg

・・・上流側すぐの橋の下で出てくれたのに、どうやってランディングすればいいかオタオタしているあいだに痛恨のバラシ。さっき(↑)より大きかったのにー! 同じ場所では2度は出てくれないですね(泣)

ダメ元で、バラした場所から岩一個上にある激しく白い流芯に放り込んでみたら出ました! 結構強引に引きずり出した人生最大サイズのヤマメ君、多分27-8cmです。コイツの顔はかなり精悍ですね。オス?
kanna02.jpg
きょうはこれで満足ですー。この後しばらく顔が「ニヘラー」ってなってたんじゃないかなと(笑)

↑のすぐ上の川の真ん中あたりで渦巻いているところで来た24cm前後の子。
kanna03.jpg

以上3尾を釣ったところでAM7時。このあと10時まで釣り上がって行きましたが稚魚しか突付きに来ませんでした。

今回大活躍だった「ちょんまげアリ」(我が家ではこう呼ばれてます)。完全に信者になりました。
kanna04.jpg

こんな良い思いをしてしまうと来年は年券を買ってもいいかな。でもC&Rの影響か、3尾とも傷があったり膿んでいたりして、あまりきれいな魚体じゃなかったのが心配です。
posted by tetk at 18:25| Comment(6) | TrackBack(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おお〜〜
お見事です。
完成度の高いフライ+読みがなしえる業でしょう

ちなみに私は2日連続
ダブハンでボウズ・・・

頑張らねば・・・!!
Posted by takapon at 2008年07月13日 22:15
やりましたね〜素晴らしい!

「ニヘラー」←この気持ち良く分かります。

さぁ〜今度は秋用ですね!

どんなフライが出てくるか楽しみです。
Posted by Drake at 2008年07月13日 23:25
“ニヘラー”最高です。
“ちょんまげアリ”のネーミングも最高!
夏はアリですねぇ〜。

オスですね!
Posted by ちん at 2008年07月14日 01:58
takaponさん
あそこに投げたいと思っても届かなかったり、流れで速攻ドラグがかかってしまったりの連続です。たまたま届いた時に起こった"出会い頭"の事故みたいなもんかな。メンディングも覚えなきゃ。
Posted by tetk at 2008年07月14日 21:01
Drakeさん ありがとうございます。
やっぱり皆さん同じ気持ちになるんですね・・・自分だけじゃなくて良かった(笑)
そのうち喜びの度合いを示す単位に「何ニヘー」って言うようになったりして。
秋フライってコオロギ系ですかー?
Posted by tetk at 2008年07月14日 21:01
ちんさんに教えてもらったアリンコのおかげで楽しい思いができました。ほんとありがとうございます。ビートルもどきも持っていたけど、結び換える気にならず押し通しちゃいました。
次回は健康的な美人さんに出逢いたいですねー。
Posted by tetk at 2008年07月14日 21:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Google+