2023年01月28日

ダンロップ山岳テントのショックコード交換

確か1985年か86年頃だったと思う。初めてのマイテント。神奈川県鶴見にあるIBS石井スポーツで展示品を購入した。購入時はハーフフライ仕様で、後からフルフライシートを買い足しポール長を自分で調整した。10年くらいは登山でもオートキャンプでもこいつばっかり使っていたと思う。
P1000127s.jpg
南ア仙丈ヶ岳山頂直下のテン場で大型台風の直撃を食らったとき、周りのテントがバタバタと倒壊したりポールが折れたりしている中で、朝まで安心して眠っていられた経験もあって、絶大なる信頼を寄せています。

ザックの横へポールを挟んでいくために、落下防止のループを自分で取り付けました。当時たまに見かけたんですよ、テン場に着いて「ポールが無いっ!」と慌てているパーティーが。
P1000129s.jpg

もう40年近く昔のものだから、当然ショックコードは伸びきってしまってます。
D_shock2.jpg

メンテナンスということでショックコード交換をします。
D_shock3.jpg

ダンロップのポールは、石突きに固結びしたコードを通しているだけです。石突きの中で固着した砂・土・小石などを取り除いて、ピンセットやラジオペンチでショックコードをつまみ出します。そしたらコードを切って、抜いて、新しいショックコードを通せば終わりです。詳細はyoutube動画を見てください。


で、交換し終わったポールがコチラ。
P1000131s.jpg

ついでなんでダンロップのテントについてちょっと。

張り方は至って簡単。4隅にペグダウンして
P1000132s.jpg

ポールをグロメットに挿して
P1000133s.jpg

フックを引っ掛けるだけ
P1000134s.jpg
P1000135s.jpg

冬季用に吹き流し型出入り口を装備。実際ここから出入りしたことなくて、閉じた状態で外側に放り出して、そこへザックなどを放り込んでストレージにするという使い方ばかりでしたね。
P1000139s.jpg

前後に装備されている通気孔。メガネや時計などの小物置きとして便利でした。
P1000146s.jpg

床の穴。ここから雪をすくって水を作るとか、用を足すとか、掃除の際に使うとか言われてるけど、活用経験ありません。
P1000150s.jpg

フルフライ仕様にして雨でも安心。そうそう、このダンロップはPUコーティングとか一切無いんで、基本的に劣化しません。だから今でも現役でテン場で見かけるんでしょうね。ちなみに雨漏り経験は無いですよ。
P1000151s.jpg

流石にフライシートのゴムは伸びきってしまってます。気になるなら外側へペグ打ちゃ済む話です。
P1000156s.jpg

山岳テントだから視認性重視のドギツイ青。早朝出発を促すために朝寝できない目に痛いオレンジ。とってもよくできたテントです。


posted by tetk at 16:44| Comment(2) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Google+