2022年10月15日

Adjustable Tornado Alcohol Stove Build 2 / Spec B

このストーブを販売中です。

可変トルネード・アルコールストーブのビルド 2 / スペック B です。
AdjTornadoBuild2_01.jpg

先月 Build 1 / Spec A を発表してからもずっとさらなる弱火を求めて開発を続けています。弱火だけに焦点を当てるなら方法はあるんですが、いずれも出来上がる炎の形が気に入らないのですよ。
  • ジェット孔の数を減らす
    • 美しいトルネードには最低6個のジェットが必要で美しくない
  • ジェット径を小さくする
    • 強火にするとジェットが千切れ過ぎて横への噴射が多くなりすぎて美しくない
AdjTornadoBuild2_02.jpg
オリジナルの Hoop Stove も、Capillary Hoop Stoveのときも、給湯性能、燃焼効率、起動時間、使い勝手と炎の美しさや楽しさといったいろんな要素のバランス点を見つけるのが大変でした。今回もやはり同じですね。試作を繰り返しながら、Build 1 / Spec A がかなり良いバランスだったんだなと再認識するに至りましたよ。

この Build 2 / Spec B は、前作より少し弱火に振った仕様になっています。1 割くらいかな。これを実現するために、吸気口の数を 8 から 6 へ減らし、主室開口径を1mm狭めています。吸気口と開口径の関係ってかなりシビアなのよ。あとは加工性を担保する目的で垂直パイプを 2 から 3 本へ増やし、その増えた分をカバーするためにパイプ径を 1mm細くしました。

AdjTornadoBuild2_06.jpg
見た目以上に火力差がありますよ。

AdjTornadoBuild2_04.jpg
弱火のとき

AdjTornadoBuild2_03.jpg
強火のとき

AdjTornadoBuild2_05.jpg
泡の出方が大きく異るでしょ。

Build 1 / 2 の比較
build1-2comparsion.jpg


Build 1 / Spec A と Build 2 / Spec B のどちらが優れているということは全く無くて、どちらのバランスが好きかの嗜好の違いだけですね。
posted by tetk at 13:38| Comment(2) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Google+