2017年04月12日

高効率のアルコールストーブを目指して 改善

今回は改善版の炎柱ストーブです。前回よりさらに手が込んでいます(笑) このアルコールストーブ最大のデメリットは作り難さかも。
FirePillar2_02.jpg

改善点と変更点
  • トップピースの向き
    嵌合をしやすくするためにトップピースを逆向きに装着
    それに伴いM3ブラインドナット周りを凹ませて予熱用アルコール溜まりを創出
  • 燃料キャップ
    キャップ位置を変更してM6ブラインドナットへ大径化
    トランギアボトルから直接給油もできる
  • ウィック支持用ブラインドナット
    与熱用(予熱じゃないですよ)ウィックを支持するM3ブラインドナットのネジ山を、装着後に削ってウィックの出し入れを容易に
  • 風防
    デタッチャブルにすることで与熱用ウィックの調整/交換が容易に
    もう5〜10mmくらい長い方が防風効果があると思う

FirePillar2_01.jpg
この密閉型パイプジェットは、接着剤の耐熱/強度問題があって公開を中止した爆音系アルコールストーブと違って、パイプからジェット炎を取り出しています。ジェットがどこにも当たらないのでほぼ無音だし、パイプ温度も低くなるので接着剤問題を回避することもできます。ちなみに爆音系の接着剤問題をクリアして製品化されたのがBLAST BURNER ですね。しかしBLAST BURNERのジェット噴出速度に遠く及ばないので、火力がだいぶ劣るし耐風性も悪いです。

FirePillar2_03.jpg

パイプ/ウィックジェット型アルコールストーブのパイプへの与熱を必要最小限に絞ることで、無駄燃えを無くして長時間ドライブと点火の容易さを両立したモデル。与熱用ウィックのメンテナンス性と給油性の問題も解決できました。動画は追々・・・。

類似品を売ることはやめましょうね
posted by tetk at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) |  アルコール沼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Google+