2015年11月04日

マントルを利用する52gの加圧式アルコール・ランタン

ありそうでなかなか無いアルコール・ランタン。オイルランタンみたいに芯を使ってチョロチョロ燃やすのじゃなくてマントルで発光させる奴。
pressurized_lantern_S01.jpg

350ml缶から作ってあります。細缶だとグローブ取り外しの際にマントルを壊しやすいこと、タンク容量を確保できないこと、背高でバランスが悪くなること・・・などから太缶に落ち着きました。

細缶のオイルキャンドルとの比較。
pressurized_lantern_S03.jpg

マントル発光させるには炎を当てるだけじゃ不十分で、空気と混ぜる必要がある。そこでジェット噴出速度を上げて、燃える前に混合させる・・・これはガスストーブも同じだと思います。JBウェルドのような接着剤を使わないシンプルな仕組みを目指し、ペニーストーブや単室加圧型に近い構造と動作になりました。

かなり明るくなりましたよ!
pressurized_lantern_S02.jpg

単室加圧とほぼ同じなんで、ランタン本体の温度によって噴出量が変わってきます。気温や風、置いてある台の材質(金属だと放熱効果があってランタンが冷やされる)、あるいは燃料残量とかに影響されて動作が変わる。グローブも熱帰還増進の役目を担っているんです。まあ、とっても微妙なバランスの上で動作させているってとこですね。だから季節や環境が変われば調整が必要という、実用には至らないシロモノ(笑)。



単室加圧型ベースでなく、燃料が冷たくてもジェット噴出をするコイルジェット系が本命だと思いますよ。でも接着剤が必要だし、背がさらに高くなってしまうんだよなー。ついでにその作例もすでにあるし・・・。
posted by tetk at 14:43| Comment(4) | TrackBack(0) |  アルコール沼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月03日

ミニオイルランタン

細缶から作った小さなオイルランタン。インスタグラムを見ていただいている方は、加圧型アルコールランタンに挑戦していることをご存知だと思いますが、それとの明るさ比較用に作ってみたものです。
mini_oil_lantern.jpg

ただのオイルランタンなんで特筆すべき点は無し。ごくごくフツー。長過ぎてやってないけど、最大2-3時間は点いていそう。

ガラスのグローブも考えたんだけど、トップヘビーで不安定、通気確保しなきゃならなくて背も高くなる、吊り下げ対応が難しい・・・などから断念。結局メッシュで作成しました。光の透過性は問題ないけど、風も通してしまう(笑)

ウィックにカーボンフェルトを使いましたが、給油の度に付け外ししなきゃならない構造にしてしまったんで、数回でCFが千切れそうになります。普通のコットン・ウィックを使った方が良いと思います。



動画にもありますが、オイルランタン部分の代わりに細缶ストーブを逆さにつけて、タブキャンドルとしても使用可能。この場合、ランタンとストーブの 2 in 1 で 20g 台のセットが実現できますヨ。
posted by tetk at 10:53| Comment(2) | TrackBack(0) |  アルコール沼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Google+