2017年04月12日

高効率のアルコールストーブを目指して 改善

今回は改善版の炎柱ストーブです。前回よりさらに手が込んでいます(笑) このアルコールストーブ最大のデメリットは作り難さかも。
FirePillar2_02.jpg

改善点と変更点
  • トップピースの向き
    嵌合をしやすくするためにトップピースを逆向きに装着
    それに伴いM3ブラインドナット周りを凹ませて予熱用アルコール溜まりを創出
  • 燃料キャップ
    キャップ位置を変更してM6ブラインドナットへ大径化
    トランギアボトルから直接給油もできる
  • ウィック支持用ブラインドナット
    与熱用(予熱じゃないですよ)ウィックを支持するM3ブラインドナットのネジ山を、装着後に削ってウィックの出し入れを容易に
  • 風防
    デタッチャブルにすることで与熱用ウィックの調整/交換が容易に
    もう5〜10mmくらい長い方が防風効果があると思う

FirePillar2_01.jpg
この密閉型パイプジェットは、接着剤の耐熱/強度問題があって公開を中止した爆音系アルコールストーブと違って、パイプからジェット炎を取り出しています。ジェットがどこにも当たらないのでほぼ無音だし、パイプ温度も低くなるので接着剤問題を回避することもできます。ちなみに爆音系の接着剤問題をクリアして製品化されたのがBLAST BURNER ですね。しかしBLAST BURNERのジェット噴出速度に遠く及ばないので、火力がだいぶ劣るし耐風性も悪いです。

FirePillar2_03.jpg

パイプ/ウィックジェット型アルコールストーブのパイプへの与熱を必要最小限に絞ることで、無駄燃えを無くして長時間ドライブと点火の容易さを両立したモデル。与熱用ウィックのメンテナンス性と給油性の問題も解決できました。動画は追々・・・。

類似品を売ることはやめましょうね
posted by tetk at 09:31| Comment(3) | TrackBack(0) |  アルコール沼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月08日

高効率のアルコールストーブを目指して その5

多くのトライ&エラーを経て、簡単着火で長〜く燃えるアルコールストーブができました。火柱または炎柱ストーブと呼ぶことにしよう。
火力的にはジェットを振り分けた方が有利です。どこまで炎を伸ばせるかもやってみたかったんでまとめちゃいました。世界初の密閉型パイプジェットの誕生です(誰もこんなことやろうとしなかっただけでしょうけどね)。

開発目標と結果:
  • ジェット噴出型の炎      → 超ロングジェット
  • 予熱不要(あっても安全で数秒)→ 数秒
  • 30ccの燃料で20分燃焼    → 22分
                  負荷の有無にほとんど影響されない
  • 13℃ 400mlの水が10分で沸騰 → 10分程度
  • 使用素材の耐熱温度を厳守   → OK
中身の詳細はいろいろノウハウもあるし、すでに概要をオープンにしてるし、特にニーズも無いようだし・・・不要ですね。
posted by tetk at 07:16| Comment(5) | TrackBack(0) |  アルコール沼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月06日

高効率のアルコールストーブを目指して その4

ウィック/パイプジェット型のアルコールストーブを密閉化するにあたり、いかに安定してパイプを加熱するかが肝心だということがわかってきました。前回の失敗で、ある程度の熱量も必要と学習しました。

そこで自己加熱方式に見切りをつけ、パイプをウィックで加熱してしまう方式をトライします。ハリケーンランタンや理科の実験で使ったアルコールランプの芯を細くして、必要な熱量を得ようというわけです。

芯の保持に使ったのがコレ ↓
FirePillar_03.jpg
なんだかわかりますか? 自転車、特にロードバイクで多く使われているフレンチバルブです。コイツを切って中へウィックを通しました。

で、出来上がった試作機がコレ ↓
FirePillar_04.jpg
パイプ直下に仏式バルブを使った加熱用芯があります。ジェットはパイプに4個開けてみました。ジェット噴出部と加熱用炎の風防としてチムニーを装着しています。加熱用の炎はフラユラとした火なのでアルミパイプでも溶けません。ジェット炎を当てると溶けちゃいますけどね。

テストの結果、もちろんまだ給油時オーバーフロー問題と高内圧問題が残ってますが、この方式に可能性がありそうです。それとジェット4個は火力強すぎ、加熱用炎も仏式バルブの直径じゃ太すぎるみたいでした。
FirePillar_05.jpg
ボトムピースを外して中身をいろいろイジって・・・

FirePillar_06.jpg
とりあえずの給油時オーバーフロー対策としてエア抜き穴を開けてみたり。

何パターンも中身を変えている時に、オーバーフロー対策を発見。後から考えりゃ「なあ〜んだ」ってなものですが、これで実用化の目処も立ちました。
ここからはジェット数/直径や加熱炎強度のバランス点を探り出す作業に入ります。

次回で多分最終回

posted by tetk at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) |  アルコール沼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月05日

高効率のアルコールストーブを目指して その3

密閉されたタンク内の圧力が上がってきた時に、これ以上加熱しない仕組みを検討しました。前回は加熱用炎が出る穴をパイプに設けましたが、今回はその穴をやめて調理用ジェット炎をそのまま加熱用としても使えるように目論みました。
FirePillar_02.jpg

ジェット穴を斜め上へ噴き出すように開けてあります。内圧が低い時はジェットも弱いので、炎は頼りなく上へ向かう。パイプを舐めるように上がっていく感じ。そして内圧が上がってジェットが強くなると、パイプに触れること無く噴出するハズ・・・。

まず写真左側の一本ツノ版を作って試します・・・結果は使い物にならない。そもそも熱帰還量が少なすぎて内圧が上がるところまで持っていけない・・・チョロチョロした種火みたいな炎が延々と出続けるだけでした。強制的にタンクを外部加熱して元気な炎が出るようにしても、すぐに温度が下がって元のチョロ火に戻ってしまいました。

太缶で作ってあったので、サイズに対する熱帰還量が少なすぎると考えて、写真右の細缶サイズで3本ツノ版を作ります。チョロ火でも3本あれば少しは良くなるだろうとの希望的観測(笑)  まっ、そう簡単にはいきませんね。これもまったく同じでチョロ火でした。

問題点
  • 熱帰還量が圧倒的に少なすぎる
  • 燃料注入時の燃料漏出問題は解決していない
さあ困ったどうしましょう〜。まあ上手くいかないから面白いんですけどね。

つづく
posted by tetk at 09:14| Comment(0) | TrackBack(0) |  アルコール沼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月04日

高効率のアルコールストーブを目指して その2

パイプジェットのバスタブを排除してクローズドボディにする方針で開発を進めます。単に密閉型にしてしまうとパイプを炙ることができないので、何かしらパイプを加熱する方法が必要です。

最初に考えたのは、パイプを加熱する火をパイプ自身から取り出してしまおうという方法。コイルジェットからの発想です。同時進行で2種類作ってみたのがこれ。
FirePillar_01.jpg

写真左側のヤツに10円玉が置いてありますが無視してください。どちらも最初は完全にクローズで作りました。ライターでパイプを炙って着火します。上向きに調理用ジェットを0.8mmで4個、下向きに自分加熱用穴を0.5mmで1個開けました、0.5mmだと抵抗が大きいから炎が大きくならないんですよ。
しかし結果は失敗。ウィックの素材を変えてそれぞれ何パターンか試したもののダメです。

密閉タイプの問題点
  • 給油時にジェット穴から燃料が溢れ出る
  • 0.5mmだと熱帰還不足で本ジェットが弱いまま
    加熱用穴を0.6mm程度に広げると本ジェットは強くなる。しかし筐体が熱くなってタンク内温度が上昇すると、加熱用と本ジェット共にさらに強くなり、最終的にジェット穴から生アルコールが溢れ出して炎上する。
要するに内圧を逃がす仕組みが必要ということで、左側試作機のジェット下の筐体に穴を開けて10円玉で蓋してみました。ペニーストーブの要領ですね。しかしこれも失敗です。

小穴タイプの問題点
  • 小さい穴(6〜25mm)が開いたところに着火すると爆発する
    場合によってはストーブがひっくり返るくらい。まあよく知られた現象なんですけどね。
  • 内圧が上がってくると10円玉の隙間からも炎が上がってしまう
    炎上とあまり区別できない(笑)
これら失敗を踏まえて、ジェットが強くなった時に熱帰還を減らす仕組みを検討することにしました。

つづく

posted by tetk at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) |  アルコール沼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月03日

高効率のアルコールストーブを目指して その1

剛火力で見ても楽しいストーブが好きなので、燃料消費率とかを二の次にしてきました。でもここらで一つ、あまり火力を犠牲にしない範囲で長く燃焼するタイプでも作ってみようかと。簡単に実現するならカーボンフェルト・ストーブで燃焼面積を狭くすれば出来てしまうけど、それじゃ何も新しくないしチャレンジじゃないしつまらない。だから加圧型のジェット炎は譲れない(笑)。

開発方針
  • ジェット噴出型の炎
  • 予熱不要(あっても安全で数秒)
  • 30ccの燃料で20分燃焼
  • 13℃ 400mlの水が10分で沸騰
  • 使用素材の耐熱温度を厳守
 こうやって書き並べてみるとけっこう夢物語みたいだな〜(笑)

ジェット炎ってことは加圧されねばならないわけで、噴出が始まるまで予熱が必要。その時間が圧倒的に短いのがパイプ(ウィック)ジェットだ。
al-nopark01.jpg パイプジェット/ウィックジェットの例

その一つであるHoop Stoveからウィックを廃して生まれたのがCHSだけど、起動した後でバスタブに蓋して無駄燃えを抑えるというのは、面倒だしひっくり返す危険性も高いので今回は却下。開発のベースをパイプジェットの高効率化に置いて進めることにした。
J_FoxKRCe52.jpg Hoop Stove
chs_jb_10.jpg CHS


ここでパイプジェットの動作をおさらい。
  1. パイプの中へスチールウールなどのウィックを詰めて、パイプ端を燃料に浸す
  2. バスタブ炎がパイプを熱して、ウィックで吸い上げられた燃料が気化
  3. 気化した燃料がパイプに開けられたジェット孔から噴出
バスタブ炎が無ければ気化が推進しない。バスタブ炎に代わって噴いた炎で自身を再加熱するのがパイトーチのようなコイルジェットだ。ただしコイルジェットにはいろいろ問題がある。
pitouchlike01.jpg パイトーチ型


密閉型コイルジェットの問題点
  • 燃料注入時にジェット孔から燃料が溢れ出てくる。
    タンク内の空気の逃げ場がジェット穴しか無いせいで、燃料に浸ったパイプまたはウィックを通して溢れてくる
  • 燃焼時にもジェット孔から燃料が溢れ出てくる。
    タンク内の燃料の温度が上昇して内圧が上がると同様な現象が発生する
  • ジェット炎がアルミパイプを直撃すると溶ける(弱い炎だと溶けない)。
    融点の高い銅パイプは材料の入手性が悪くなるし、そもそもJB-Weldの耐熱温度を軽く超えている

これら問題点を回避するために、以前はコイル下に遮熱皿を置いたりコイル〜タンク間の距離を取る対策を採った。しかし実はそれでも不十分で、個人的意見じゃコイルジェットに未来は無い(笑) 
CoilJet_001.jpg パイトーチ/コイルジェット型の対策品

とまあこんなわけで、コイルジェットの自己余熱方式を参照しつつ、パイプジェットの無駄燃えを極力排除する方向で試行錯誤が始まるのでした。

つづく
posted by tetk at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) |  アルコール沼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月17日

キャップ付き CHS アルコールストーブ

アルコールストーブと言えばトランギアをイメージするようで、時々「燃料を入れたまま持ち運びできるか?」という質問を受けるんですよ。まあ面倒なんでほとんど回答もしませんし、実際持ち運んでみると気圧差とかで絶対漏れるんです。今回作ったキャップ付きの CHS も、多分、きっと漏れます。

それでもまあ無いよりマシという気持ちで試してみてください。それとインナーにスチール製ボトル缶を使った影響で立ち上がりも遅くなってます。



こんなバリエーションも可能だよ〜ということで。
Happy DIY!

2016/12/29 追記
IMGP2361s.jpg
これ以上やらないと言いながら、やっぱり気になってた部分を改善。
IMGP2350s.jpg
トリプルウォール構造にしてインナー下端に短冊切りを追加。これで最後までちゃんと燃焼するようになった。3重壁のためにアウターは予め缶径を広げておく必要がありますよ。



ホントにこれで打ち止め。凄い面倒な工作だからもうやりたくない。製作数 3 個、内手元に残ってるのは 1 個(笑)
posted by tetk at 11:30| Comment(11) | TrackBack(0) |  アルコール沼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月26日

サーマレストのネオエアを一発で膨らませる

2-30年前にエアパッド式のマットを買ったんですが、太いビームが気になって家で一回試してお蔵入り。それ以来ずっと敬遠して、クローズドセルかセルフインフレーティング式(しかも半身用だけ!)を使い続けてました。
このたび周りからの強い勧めもあってTherm-a-RestのNeoAirを導入。エア式の進化に驚いているところです。

ただ入れなきゃならない空気の量も膨大なんで、その対策として既知の方法ですけど手動格安ポンプを自作しました。〜300円でカンタンに作れちゃいます。



内径が17mmのホースがあればベストなんですけどね。残念ながら15mmか18mmしか無いみたい。15mmなら内側を削るか延ばしてやる必要があります。18mmだと少しエア漏れがあるけど実用範囲内かな。それをポリ袋の底に穴を開けて梱包用テープで固定。基本的にはコレだけで十分ですね。ポリ袋は60〜100リットルくらいが良さそう。小さいと何度か繰り返す必要があります。

私の場合は使い勝手を考えて、ポリ袋の口を絞れるように一工夫加えてます。口を折り返してテープで固定。そこへ紐(やはり梱包用)を通す。これだけで使う際に空気が逃げにくくなりました。

ホースはホームセンターで10cm単位で購入可能。あとはゴミ袋とガムテと荷造り紐くらい自宅に転がってますよね。ホースだけならそれこそ数10円で完成ですよ!
ラベル:自作
posted by tetk at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 道具系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月12日

OPTIMUS 8R

佇(たたず)まいも燃焼音も匂いも好き。



ホント名器ですよね〜、あえて名機じゃなくて名器と書きますけど。
posted by tetk at 14:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 道具系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月22日

Noall Mountaineer II

名品 Noall Mountaineer II ・・・と言っても知ってる人なんてほとんどいないでしょうね(笑) Noallはアメリカ・カリフォルニアをベースにする知る人ぞ知るブランドでした。
noall_mountaineer_02.jpg
HP から blog になり、そして最近の SNS の傾向なんだと思いますが、掘り下げた記事ってなかなか見かけなくなりました。WEB メディアなんて他人の写真と文章の上っ面をなぞっただけだし(笑)。ここは世の風潮に逆らって Noall を解説していきたいと思います。

よく moss を称して「レア」なんて言う人がいますけど、世に出たタマ数で言えば数桁の差があるハズ。moss は日本へ正規輸入されていたし、なんたってあの REI や有名ショップでずっと販売されてました。そのうえブームでアメリカから大挙して中古品も流れ込んで来てるし、今やありふれたブランドの一つですね。
一方の Noall は Noall ブランドとして日本へ入って来ていません。さらに 1994 年から 2000 年のわずか 6 年程度と短命な上、アメリカでもほとんど流通に乗っていませんでした。これぞまさしく激レア
noall_mountaineer_01.jpg

そんな Noall のビジネスは、スティーブ・ノールとあのウェイン・グレゴリーが旧友だったことにはじまります。80年代前半にブレーサブル(通気性がある)生地でテストを重ね、生地に通気性を持たすより換気性能を高めた方がより有効に働くという結論を得ます。さらに PU コーティング面を moss のように外側にした方が、室内が結露しにくく、かつ、外側の水滴も流れ落ちやすいという結果も得ています(ちなみに Noall のダブルウォール・モデルは内コーティング)。こうしたテストをウェインと一緒にやってたということなんですね。( moss がずっと前からやっていた外コーティングの有効性を証明した? moss lover としてはちょっと鼻が高い。)

こんな経験を踏まえて 1980 年代末期にリリースされたテントは、基本的に Gregory の縫製工場でバックパックと一緒に製造されていました。販売も Gregory ブランドで行われ、日本にも 94 年頃まで A&F 経由で輸入されていたんです。なんと moss 並の高価さだったんですよ。まあ為替レートの関係で仕方ないんでしょうけどね。
noall_mountaineer_03.jpg
当時のA&Fの広告

その頃の Gregory Mountaineer II を私の友人が持っていて、ここにその詳細を載せています。
noall_mountaineer_04.jpg
Gregory Mountaineer II

ところが 83 年に Gregory が Bianchi International(自転車とは無関係の会社)に買収され、徐々にスティーブが離れていって、1994 年に Gregory ブランドから Noall ブランドに変わります。時期が悪かったんでしょうね。アウトドア業界がかなり辛かった頃ですし、ネット通販も花開く前でしたし・・・2000 年に WEB サイトもいつの間にか消えてなくなったそうです。

Gregory 版の Mountaineer II を見た時、テントとしての基本性能、居住性、使い勝手、デキの良さを充分感じました。陽に映えるターコイズ系の色もきれいでした。でも秋冬や夜に寒々しく感じてしまうんですよ。そこで色違いの Noall 版です。
noall_mountaineer_05.jpg
やっぱりタン色が好きなんだな〜。フロアやバイアステープの青緑色も落ち着いている。ちなみにこの色の組み合わせはコイツ以外見たことがない。

ホントよく考えてあるし、実際よく出来てる。サイズ的には moss の stardome を思い浮かべてもらえればイメージしやすいと思いますが、使い勝手に限って言えば stardome より数段上を行ってます。
noall_mountaineer_06.jpg
stardome のセンターポールを斜めがけに変えた感じ

● ポールスリーブに伸びるメッシュ素材を使ったきれいなアーチ
noall_mountaineer_07.jpg

● 浸水しにくいバスタブ式フロア
noall_mountaineer_08.jpg

● 使いやすい外メッシュでく開け方のバリエーションも豊富
noall_mountaineer_09.jpg

● 換気によく効く大きなベンチレーション
noall_mountaineer_10.jpg

● 出入りしやすい大きなドア
noall_mountaineer_11.jpg

● スリーブとフックを併用した容易な設営
noall_mountaineer_12.jpg

● イーストンポール
noall_mountaineer_13.jpg

3kg 後半の重さと収納サイズは 80〜90 年代そのもの。オールシーズン用ですしね。この時代のテントに入ると何故か安心感があります。私だけかな?

良いところだけでなく、気に入らないところも挙げておきましょう。

魚座型ポールワークの交差する箇所が下へ下へと移動して、交差の下側が横へ広がる。そのため特に地面から立ち上がった辺りの本体とフライシートの隙間が無いに等しい。せっかく本体下側に設けた換気メッシュもフライをかけた途端に効かなくなる。ポールの交差箇所をヒモで縛って上の方へ固定しておくと少しだけ改善可能。
noall_mountaineer_14.jpg
本体の同じ場所、フロアの短辺に当たるところの壁が見た目より寝ている。そのため 15〜20cm のデッドスペースとなり、データ上の全長より有効長が削られてしまう。そこへ物を置いたりするとフライシートまで届いてしまって結露の原因にもなる。

フライシートが本体と連結式でなく、ハトメにペグダウンする方式。本体 6 本、フライ 6 本のペグが必要。フック状のピンペグなら、本体を固定したペグに引っ掛けて固定することも可( 6 本で済む)。

全体としてまさしく私が好きな 80 年代後半から 90 年代前半のテントそのものです。当時メインストリームだったテントの良い所を全部放り込んで、さらにブラッシュアップした感じ。その上で徹底した結露対策を盛り込もうとした、意欲的で優れた 4 季用モデルだと思います。いや〜、なかなか気に入りましたよ。
noall_mountaineer_15.jpgnoall_mountaineer_16.jpgnoall_mountaineer_17.jpgnoall_mountaineer_18.jpgnoall_mountaineer_21.jpgnoall_mountaineer_20.jpgnoall_mountaineer_19.jpg
ラベル:テント NOALL
posted by tetk at 09:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 道具系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Google+